HOME
           
              2021 2 11 日(木・祝)高曇り
 朝倉文夫記念公園
       一萬田氏館跡

  大分県豊後大野市朝地町



 つい先日は、大分市平和市民公園「武漢の森」で、満開の梅を堪能してきたが、朝地町の「朝倉文夫記念公園」にも「豊後梅」を中心に、紅梅やしだれ梅など約300本の梅の木が植えられている。 
内陸部だが、このところの暖かさで咲き始めたのではないだろ
うか。

 また、その近くには文化財史跡の「一萬田氏館跡」がある。 と云うことで、今回は「朝倉文夫記念公園と一萬田氏館跡」と題して計画した。


 以前の国道57号線は県道57号線に変わったが、大野町を過ぎるあたりから
朝倉文夫記念館」への案内標識が現れ始める。



はじめは
 
朝倉文夫記念公園(三角点:322,6m


 案内標識に従いながら、片側1車線の県道657号線を快適にドライブし、難なく「朝倉文夫記念公園」到着。園内の第一駐車場に停めた。


 東洋のロダンとも称される彫刻界の巨匠、朝倉文夫の偉業を伝える記念館であり記念公園。広場には、面白いオブジェも多く展示されている。


         
          朝倉文夫記念公園・第1駐車場          散策コース(国土地理院の地形図を加工)


 早速と云うように、展示物に誘われながら入口に近い広場には、巨大スピーカーや古びたブルトーザーなどが置かれていた。 屋外の彫刻・美術品は、まだまだ多くの作品が展示されているが、今回は梅が目的。 振り向くと小高い山が見え、梅はその中腹に植えられており、園内の遊歩道を辿ってみることにした。


      
       ブルトーザーと巨大スピーカー
                彫刻・美術品と小高い山
 

 歩き始めると、すぐに「皇太子御来園記念樹(ケヤキ)」の碑が置かれていた。平成6年と云うことなので、今(令和)の天皇陛下が御来園された時の記念樹だ。

 幅広い遊歩道に変わると、「あっ、咲いてる!」ピンク色の枝垂れ梅が出迎えてくれたが・・・、少し早かったようだ。 幅広い遊歩道沿いには 屋外の彫刻・美術品が次々と展示されており、花と合わせて楽しく登って行ける。「おっ、大きなスズメバチがひっくり返っている」


      
         咲き始めの枝垂れ梅                    淡い紅色の梅


 小さな説明板「朝倉文夫と梅園」が置かれており、梅が好きだったことが窺える。なるほど納得。 記念館の手前右脇は、その「豊後梅」を主体にした梅林となっており、今回の目的エリアだ。 しかし、早かった。実を言うと、待ちきれずやって来たので仕方ない。・・・あと1週間?。 咲き始めているところに近づくと、甘い香りも漂っていた。



        
           梅園の甘い香り(クリックで拡大)                        梅園の散策(クリックで拡大)


 梅園を散策していたら、「ん・これは?」標識などは無かったが、山頂に向かう遊歩道と思われる。


山頂へ

 梅園の一角から樹林帯に入ると丸太階段も現れ、遊歩道は尾根筋をジグザグに造られている。「行けそうだ!」落葉や小枝など、やや荒れ気味だが、コースははっきりしている。尾根筋の肩まで上がると展望が開け、足元に記念館や屋外展示物、梅園などを俯瞰できる。



        
                 梅園から樹林帯へ                                丸太階段



        
               足もとに記念館や梅園                               もうすぐ頂上


 再び樹林帯に入るが、斜度がゆるんでくるとパッと明るくなり、山頂の一角に飛び出した。刈りはらわれたカヤ野を踏み上がって、鈍頂の三角点に到着。四等三角点(真光院:322.6ⅿ)。11時ちょうど。 北方向が大きく開けており、高曇りの元、予想外の大展望となっていた。神角寺
をはじめ、平成森林公園の山並みと思われるだろう。遠く大船山も雄姿を魅せていた。



        
                 三角点                                  北方向の展望がいい


下山

 山頂には別コースのコンクリート道が来ており、山道を踏むことなくなだらかに下り始める。 左には山頂直下の休憩舎があり、右下にはスタートした駐車場や文化ホールなど、「朝倉文夫は記念公園」の主要部分が見えている。

 大きくカーブし山腹を巻くように下っており、途中では、遠く祖母山の山姿も仰ぐ事ができた。 このコースにも、彫刻の美術品が展示されており、興味を惹く作品にも出合ったりする。中には「古代からのメッセージ」と表示された埴輪の模型は、朝地町陶芸クラブの作品。あの、とぼけた顔がいい。ホッと和まれる。


      
        幅広いコンクリート道を降る               右下に公園の主要部分



      
         遠く祖母山も見える                 「古代からのメッセージ」


 さらに下って行くと、“ここにも”と云うように紅梅白梅が植えられており、愛でながら記念公園へ降りて行く。「ヨイショ」で、文化ホールの脇に降り着き、無事に駐車場に帰着した。


      
          紅梅白梅を愛でながら                      下山へ


 朝倉文夫さんも好きだった梅の花、「やっぱ、早すぎた」あと、1週間待てばよかった・・・。今日のように暖かい日が続けば、すぐに見ごろとなることでしょう。


     


   この後、すぐ近くにある「一萬田氏館跡」に向かった。




~~~~~~~~
    朝倉文夫記念公園



少し移動して
 一萬田氏館跡標高点:276m



 片側1車線の幅広い市道を南に約1.3km後、左側に「一萬田氏館跡」の標識が現れ、上方に向かうコンクリート道が見える。「ここだ!」道路わきのスペースに停める。
 
 入口の直前、左下に深さ1mほどの溝があり、早速の遺構「堀切」が迎えてくれた。道路を挟んだ反対側にもその溝は続いており、往時の「堀切」だったことを確信する。 改めて入口に向かいコンクリート道を歩き始める。やや斜度を感じる坂道だが、雑草もなく気楽な遊歩道と云う感じでもある。


      
          「一萬田氏館跡」入口                 位置図・再掲



 コンクリート道は50mほどで未舗装路に変わり、左側が開けながら台地の肩に上がり着いた。 北側の景色が展開されており、神角寺の山々と思われる。先の「朝倉文夫記念公園」や鳥屋岳(城山)は、もう少し左(西側)の方だが樹林で見えない。


        
          北側に神角寺の山々                  台地の肩・北側の展望


 遊歩道は小笹の多いヤブ道に変わったが・・・「行けるの?」 道幅ははっきりしており、掻き分けながら進んでいく。

 ヤブの中の小さな土塁を越えると、広場の一角に飛び出し、「御廟様幢」が祀られていた。説明板によると「・・・この塔で供養された女性は、大永8年(1528)、地頭一萬田氏の夫人と考えられる。」などと記している。


        
          小笹の多いヤブ道                 「御廟様幢」(クリックで拡大)

「御廟様幢」を拝むと、すぐ横に「一萬田氏館址」の説明板が倒れており、荒れ気味の平坦地が大きく広がっていた。276mの標高点。11時40分。


説明板の概要は“延応(1240)の頃、豊後守護職大友氏の同紋衆一萬田氏は、地頭職をこの地方に得て入部土着して有事に備え「鳥屋城」や「小牟礼城」を築いた。しかし、平治の治安や生活など不便だったので、領地のほぼ中央にあたるこの台地に「居館」を営んだ。・・・天正のはじめ(1574)宗家の大友宗麟もこの居館を訪ね、満開の墨染桜の木陰で「能」を催し、盛大な観桜の宴を張った。・・・なお「館」と云う地名も、一萬田氏の「居館址」に起因する。”などとなっていた。


        
         「一萬田氏館址」の説明板                    一萬田氏館址


 平坦な館跡だが、かなりの荒れ地となっており、イノシシが掘り返した跡もあちこちに見られる。「イノシシさ~ん、通りますよ~」などと声を掛けながら横切って行くと、「一萬田氏館跡の土塁」の説明板があり、“最も高いところで3mほどの高さがある”となっていた。

 かなりのヤブ道だが、回り込みながら乗り越えていくと、右上に土塁が見えるようになり、その高さを実感できる。


      
       「一萬田氏館跡の土塁」の説明板                  右に土塁
  

 土塁を見ながら少しのヤブ道を抜けると、登ってきた遊歩道とも出合い、下山は往路を戻る。 近くの「墨染桜」にも寄ってみよう。



墨染桜

 下山したその足で、幅広い市道を約80m南に進んでいくと、こんもりとした落葉樹林が現れ、その一角に『一萬田氏の館と墨染桜について』の説明板が立っていた。「これだ!」 見上げると、枝先のツボミはまだ硬く、開花はまだまだ先の様子。


      
            墨染桜林                     『墨染桜』の説明板


 地頭・一萬田氏は、この地に居城(居館)を構え、「鳥屋城」や「小牟礼城」を収めていたとは、延応(1240)年間のこと。今から700年以上もの昔、地形図もない時代に、そのほぼ中間点に「居館」を築いたとは驚きです。ときの武将は、野山を駆けめぐる動物的な感覚を持っていたのかもしれない。

 大友宗麟も「墨染桜」の木陰で、観桜会の宴を催した、などとなっており感動です。 見ごろは、4月上旬かな? 様子を見ながら、もう一度訪ねてみよう。




 HOME