HOME  
                           
 
直入町 岩野城              2021 10 3 日(日)快晴

   (大分県竹田市直入町)


 この山上で、誰と戦ったのか。 手持ちの『中世城館分布図』には、小津留川の西方に「岩野城」が描かれて
いる。三方は深く切れ落ち、天然の要害となっている山の上。山城だったのか砦なのか、詳細な情報は判らない
が、角川地名辞典に「岩野」の字名が載っており、それに由来した城の名前と思われる。

  
岩野城の最高所  

 国土地理院の地形図をみると、山浦地区の峠の三差路から「岩野城」に向かう細道が描かれている。果たして
登る事ができるだろうか。
資料は地形図のみ。


 由布市庄内町から県道30号線(庄内久住線)を南下し、直入方面を目指す。 途中、左側に「芹川ダム」や
双石城跡」などを見ながら快適に走って行くと、右側に「小津留湧水」が現れた。そして約700m後の三差
路は右に分岐し山浦地区に向かう。約900m後の分岐点は右上に進み、カーブの多い細道を経て峠の三差路に
到着。「ここだ!」 地形図には東に延びる細道が描かれており、目的の「岩野城」に辿り着けるはずだ。


 駐車地を探していたら、ご近所の人から声を掛けられた。好都合だ。早速「岩野城」の様子を伺ったが、「城
があったことは、まったく知らないが、今は荒れ放題になっておりとても通る事ができないよ」と。さらに話は
続き、「その山なら別の道があるので、案内しましょう」と、軽トラで誘導してくれることになった。


 なんと親切なこと。つい先日、荻町の「峰城」のことを思い出しながら、軽トラの後について行く。せっかく
上って来た細道だが、元に戻るようにどんどん下って行き、すぐ先は県道30号線という位置で停まった。 
「もうずいぶん以前の記憶だが、この道なら一本道で行けるはず。上には廃屋やお墓などもあった」。などと話
された。「ありがとうございました」。


      
         
登城口(登山口)           位置図(国土地理院の地形図を加工)


 前置きが長くなったが、登城口(登山口)は、県道分岐から150mほどのところ。山腹に向かうコンクリー
ト道が見えており、急坂ながらも楽勝を思わせる雰囲気となっていた。「よっしゃ、行ってみよう!」。標高3
60m付近。



 支度を整え、急坂のコンクリート道を登りはじめる。すぐのカーブを右に曲がると作業小屋があり、コンクリ
ート道は終わりとなった。「えっ、え~」 一本道とは言え、植林帯に延びる荒れ道となっており、草深いとこ
ろも見える。「やっぱ、スパッツをつけよう」。

 それでも、雑草の足下は石畳らしいのが見え、かなり以前から使われていた様子が伺える。コースは、いよい
よ深い植林帯となり、直登気味のジグザグ登りに変わってきた。


      
          
車道の終点               直登気味のジグザグ登り

「よいしょ、ヨイショ!」 急坂登りはしばらく続き、右上が明るくなってきた辺りで、道は大きく左カーブと
なった。地形図を確かめながら水分補給。標高420m付近。これまでの急坂からは開放されたが、この先の様
子はどうなっているのだろうか。


 植林帯の中、右上に頂上部を感じながら山腹を巻くように登って行くと、段差の大きな切岸が現れた。もしか
して、「岩野城」の遺構? 勝手な想像が始まり、期待も膨らんでくる。

      
          
大きく左カーブ                右側に切岸 

 切岸の上は小ピークに
なっており、駆け上がってみると、古いお墓などが祀られていた。「岩野城」の関係者
だろうか。秋の風が、頬を撫でて行った。


      
     
右上は切岸のピーク
クリックで拡大          切岸の小ピークへ

 本道に戻り、切岸の小ピークを巻きながらさらに登って行くと、立派な石垣が現れた。これも遺構? 直後の
左側に廃屋の跡地だろうか、礎石の一部が残っていた。地形図にも2棟が描かれている場所。よく見ると四角に
囲まれた井戸か生活の跡も見られる。

      
         
石垣を見ながら                 廃屋の跡地

 廃屋の跡地を背後に、ゆるやかに巻き上がって行くと、変則4差路となっている峠に到着。一段下に在るのは
墓地だろうか。赤い境界杭の見える位置で「岩野城」の一隅に到着したことにした。標高440m付近。10時
20分。ヒノキが主体の植林帯に囲まれ展望は得られない。


      
          
岩野城に到着                一段下に墓地

 地形図に描かれている細道を確かめようと、北西方向にゆるやかに踏み上がって行くと、道は判然としなくな
り、
最高所と思われる場所に到着。その先は、おじさんが言っていたように
、雑木や竹林などが生い茂り、とて
も歩けるような状況ではなかった。「おじさん、アドバイスをありがとうございました」。 
下山は、往路を戻る。

   
      
地形図の細道は雑木や竹林



 詳細な情報もないマイナーな城跡。 計画していたコースではなかったが、無事に辿り着く事ができました。
地理的には「双石城」や「法螺貝城」、「田北」、「
松牟礼城(三笈山」などが取り巻いている「岩野城
」。
ここも、田北氏関連の枝城か、あるいは一時的な砦だったかもしれない。あれこれ想像を膨らませながら、
初秋の中世城館探訪。今回は「岩野城」でした。




 HOME