HOME

佐野鞍懸城山中山               2016 2 10 日 快晴
               そして 真玉海岸の夕日

(城跡、かくれ名山、絶景)大分県豊後高田市


『日本一の夕日』とは、周防灘に面した真玉海岸で見る夕日のこと。干潟に映える夕日が見ものらしい。チャンスがあったら行ってみたいと思いながらも、天気と潮時が一致することは滅多にない。

 小寒波も収まった2月10日。月齢1.5日の大潮は、快晴の天気が予報されている。行ってみよう。 せっかくだから、と、豊後高田市付近の山を探していたら、「ジャジャ〜ン」と言う感じで、またまた城山が見つかった。このところ城跡めぐりが続いており、なぜか、すぐに目に留まった山名だ。時間を見ながらもう一つは、真玉町にある中山も用意して。


先ずは

城山(佐野鞍懸城山)110m         2016 2 10 日 快晴

(山城跡、大分かくれ名山 380山目)大分県豊後高田市 (資料:大分合同新聞 2016,1,7


 大分市から国道10号線を北上し、日出町や山香町などを通り過ぎていく。立石峠に差しかかると『ふるさと林道』の標識が現れ右折する。山手に向かう快適な2車線道路は華岳登山口を見届けると前方にはデ〜ンと津波戸山が迫ってくる。 やがて二つのトンネルを抜けると、国東半島の山々が見えるようになり、ぐんぐんと下りはじめる。

 国道10号線の分岐から約8.7km後、県道34号線と十字交差点。直進して行けそうだが、ここは資料に従いながら右折する。「あっ、あれだ!」左前方に、こんもりとした盛り上がりが見えてきた。


          
           城山(遠景は西叡山)                登山コース(クリックで拡大)


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       登山口 〜(2分)取り付き 〜(15分)主尾根 〜(5分)城山 : 往復

       行程:歩行距離 0.9km,累積標高差 ±90m,行動時間 50

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 先の交差点から約1km後の三差路は左折。直後の桂川に架かる『折鶴橋』を渡って、約500m後、左に『防火水そう』の標識が現れ、直後の右側にコンクリートの道が見える。ここが登山口。 前後の道路端に膨らみがあり数台分の駐車スペースがある。

 資料の登山口に着いたものの、城跡の案内板や説明板などは見つからないが・・。「ま、行ってみよう」 風は冷たいが、空は抜けるような青空が広がっている。衣装に戸惑いながら、支度を整える。

 民家の脇、コンクリートの坂道をカーブしながら登り始める。すぐに段差のような石垣が現れた。さすが城跡と思ったものの、どうやら早合点かもしれない。 左カーブが終わった直後の右側に目印テープの木が現れた。ここが取り付き点。


         
           登山口・コンクリートの坂道                取り付き・右上へ


 資料や地形図等をチェック。コンクリート道はゆるやかに山腹を巻いているようだが、登山コースは、この取り付きから直角右上へ進む。

 いきなりと言う感じで段差を駆け上がると、左側には時代を感じる墓地群が現れた。鞍懸城に関係していたお侍さん?。地域の御先祖様?。いずれにしろ、城址についての経緯をご存じの方々だろう。「少しの間、お邪魔しますネ」。右脇を登って行く。

 周囲は照葉樹と落葉広葉樹が混在し、明るく気持ちのいい上り坂。「よいしょ、ヨイショ」次第に斜度が増しはじめる。山腹斜面を直登するコースを登っているようだ。


         
             左は墓地群                    斜度が増しはじめる


 かなりの急坂だが距離は短い。上方が明るくなり、斜度がゆるみながら主尾根に上がり着いた。地形図をチェックし、直角右に曲がる。

 幅広い尾根道になり、目印テープに導かれるようにして、明るい自然林をフラット気味に辿って行く。時には頭を下げて歩く場面も現れるが、小ブッシュや下草もなく、歩きやすいのはシカの所為かもしれない。 弱い鞍部を過ぎる。堀切かな?。「あっ、石垣だ!」前方の樹間に、城跡だったことを示すように立派な石垣が現れた。


         
            主尾根に上がった                  石垣が見えてきた

 4〜5mほどの高さがあり、山城にしてはかなりのものだろう。左に回り込むようにして切れ間を登って行くと、その上段にも石垣が現れた。となれば、ここは二の丸跡だろうか。そして登り詰めて本丸跡。

 説明板などは何一つなかったが、一般的な城跡の形態を成していた。勝手な想像で、史実を曲げるかもしれないが、往時を偲ぶには充分な遺構だろう。


         
          石垣は左から回り込み                  右側の石垣(クリックで拡大)


「あっ、あそこ!」南東の角、岩の根元に頂上標柱が見える。大きな木の陰になり、目立たない位置に立てられていた。佐野鞍懸城山の頂上に到着。三角点はない(等高線:110m)。登山口から休憩等も含み20分少々。手持ちの温度計では8℃。日陰は寒いだが、日溜まりでは心地よい暖かさだった。

 頂上を踏み越えた直後に露岩があり、南東側の大展望が得られる。指呼の間に西叡山があり先日の“国東半島峯道ロングトレイル・T−1コースの様子が思い出される。右側には華岳霧笠岳なども頭を並べていた。「お〜・・」足元には桂川の流れがあり、足がすくむほどの高度感がある。自然のままの要害だったことが窺える。


         
         城山頂上(本丸の南東角に頂上標柱)              露岩から大展望


 新聞資料にも、この鞍懸城のことが記述されているが、幾つかを合わせ見ると、・・天正8年(1580)田原親宏の跡を巡る家督争いで、大友宗麟が次男親家に田原家の家督を継がせようと画策した。 これに対して養子となっていた田原親貫は毛利氏に援軍を求めて大友氏と戦った。このとき鞍懸城は田原氏最後の拠点となったが落城した・・。らしい。

 本丸とそれを囲むような二の丸から成る小さな山城ではあるが、総石垣造りの遺構を残している。石垣の切れ間は虎口などではないだろうか。往時を偲びながら、いろいろと思いを巡らすのもおもしろい。

 この足元が堀切だろう。 石垣を背に、下山は往路を戻る。降り着いて12時30分。 往復は頂上でのロスタイムも含み約50分。 山城跡と言われるだけあって、奥の深い歴史と、すばらしい展望が楽しめました。


 干潮と日没までは、まだ時間もありそうだ。お昼を食べたら、真玉町にある“かくれ名山”中山にも登ってみよう。



次は

中山170m           2016 2 10 日 快晴

(大分かくれ名山 381山目)大分県豊後高田市真玉町 (資料:大分合同新聞 2014,12,18


 豊後高田市中心部から国道213号線で真玉町方面を目指す。 やがて海岸沿いの道となり『日本一の夕日』と掲げられたビュースポットが現れる。「ここだ!」。帰りに寄ることとして、様子を見届けながら通り過ぎる。

 約2km後、臼野バス停のある交差点を右折する。道は快適な2車線道路となり、前方にはどっしりとした猪群山が迫ってくる。約2.4km後、広域農道『グリーンロード』と直角に交差する。「あっ、あれだ!」イメージ通りの里山が見えてきた。


          
        中山(グリーンロード交差点から)            登山コース(クリックで拡大)


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       登山口 〜(20分)尾根の肩・送電鉄塔 〜(10分)中山 往復

       行程:歩行距離 1.5km,累積標高差 ±100m,行動時間 1 時間

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 グリーンロードとの交差点は直進し、約1.2km後、道路の左脇に送電線点検路の小標柱『高田竹田津線46号』が現れた。ここが登山口。左上には、今から登る中山が迫っており、稜線の肩から送電鉄塔が手招きをしていた。「待ってろヨ〜」

「暑くなりそうだ」。冬とは思えないような穏やかな陽射しが降り注いでいる。資料や地形図を持ち、送電線点検路を歩き始める。左下に水田を見ながら、山裾に沿った点検路はフラット気味の道が続いている。道幅も広く、程よく整備されているようだ。約5分後、右側に石垣が現れ、点検路の小標柱が現れた。「分岐?」


         
              登山口                    点検路を行き、次の標柱


 Y字分岐になっており、踏み跡の濃い右に進んで行くと、すぐに左側からの道とも合わさった。どうやら、ショートカットだったようだ。右向きに変わりながら、少しの坂道を登って行くと、深い竹林帯に入って行く。

 大きな孟宗竹が密植しており、目印テープに従いながらのコースとなる。「カポッ、カ〜ン」と、枯れた竹にぶつかるストックの音。予期せぬ竹林の音楽会だ。歩きに合わせながら、演奏してくれる。 多少の歩き難さもあり、通り抜けるのに5分ほど要したようだ。小尾根が現れ、右向きに変わると照葉樹林帯に変わってきた。


         
             竹林帯を行く                  竹林を抜け、小尾根を登る


 竹林を抜けた小尾根の道は、歩きやすい点検路に戻り、右側に大きな岩が現れた。「あっ、石仏さま」岩の足元は岩屋のようになっており、いくつかの石仏さまが祀られていた。「行ってきま〜す」。


 尾根筋だった登山道は、いつの間にか山腹斜面の谷筋コースに変わり、斜度が増しはじめる。足元には送電鉄塔の点検路で、良く目にするプラスチックの階段が現れてきた。「よいしょ、ヨイショ」かなり上まで続いている。せっかくの階段だが、小砂利と落葉で段差がなくなり、すべり気味の部分も多い。


         
               岩屋の石仏さま                  プラスチック階段の急坂


 小刻みなジグザグも現れ、さらに斜度が増してきた。「あっ、鉄塔!」上方が明るくなり、送電鉄塔が見えてきた。 「ドッコイショ!」で踏み上がり、鉄塔の横に到着。地形図をチェックしながらひと休み。山頂から北西に派生した主尾根の肩になるところ。「おッ、周防灘?」右下遠くに海面が見える。真玉海岸あたりだろうか、夕日は楽しみにしておこう。

 鉄塔の左脇を巻き上がって行くと右向きに変わり、左下から別の点検路が合わさった。登山道は、主尾根を辿るコースとなり、フラット気味のアップダウンに変わる。照葉樹と落葉広葉樹が混在した自然林は明るく気持ちがいい。小ブッシュや下草も少なく、それほどの難もなく歩くことができる。弱い鞍部では岩の点在を見ながら通り抜ける。


         
                送電鉄塔の下                    主尾根を行く


 最後は、ゆるやかな坂道となって小型アンテナのある中山の頂上に到着。『中山』とサインされた小さな木札が、木の枝に懸けられていた。三角点はない(等高線:170m)。14時20分。点検路の登山口から休憩や展望等も含み約30分。手持ちの温度計は13℃。春を思わせる暖かさだ。 周囲は樹林帯に覆われ、展望は弱いが南側の樹間には、どっかりとした猪群山が存在感を見せていた。


         
          中山頂上(小型アンテナ)                 南側に猪群山


 ひと休みしたら、下山は往路を戻る。 斜面の急坂は、プラスチック階段があるものの、小砂利と落葉でおぼつかない足元となっている。「アッ、小鳥!」頭上から笑っているのは、ゴジュウガラだろう。野鳥の囀りも心地よく、おだやかな春を感じながら下り、登山口に到着は14時50分。往復は休憩等も含み約1時間。


 どこにでもありそうな里山と言う感じの山。送電鉄塔の保守用点検路が主体だったので、それほどの難路もなく、気楽に登ることができました。 先ほどの城山もそうだが、低い山なので夏場はどうだろうか。 さてさて、本番の真玉海岸に行ってみよう。



真玉海岸の夕日             2016 2 10 日 快晴

(絶景)大分県豊後高田市真玉町


「お〜、潮がかなり引いている!」大潮らしく遠浅の海岸には、縞模様の干潟が現れていた。


     〜〜 真玉海岸、今日の暦
              月齢 1.5日。干潮 16時31分。日の入り 17時53分。〜〜


 日没方向を想定しながら、撮影場所を探しておこう。「オッ、広島ナンバー、これは福岡!」時間と共に駐車する車が多くなり、大分ナンバー以外にも県外ナンバーが目立つようになってきた。やっぱり、全国に知れた名所だ!。『日本一の夕日』というキャッチフレーズに納得しながら、沈みゆく夕日を待つ。


         
          真玉海岸『日本一の夕日』                ズラリとカメラマン


 夕日は17時30分ごろから、赤くなりはじめ、縞模様の干潟も美しく染まってきた。まわりから、歓声も沸いている。それ、もう少し!。ドキドキしながら、光と色の変化を追いかける。



17:36(遠景は宇佐の山々と八面山)




17:45 太陽の下端が山に掛かった




17:48 夕日は豊前の山に没した(クリックで拡大)



 やがて、夕陽は周防灘を挟んだ豊前市の山並みに没し、約30分間のドラマは終わった。 気が付けば50枚以上のシャッターを切っていた。まわりの皆さんも、ザワザワと帰り始めた。満足したことでしょう。

   HOME