HOME
 (大分の山1077)
 馬乗山
(152m)                         2020 10 2 日(金)快晴
  近隣の文化財史跡(馬見塚北原無縫塔,狭間氏五輪塔群,車橋)

  大分県由布市挾間町など


 山名は馬乗山と云うことで、馬の背状の山を想像していたが、なんと、丸~い「まんじゅう型」の頂上だった。くしくも、今日10月2日は中秋の名月。もしかして、月面に降り立ったの?


              
                        馬乗山頂上(クリックで拡大)



 国道210号線を行き、由布市挾間町同尻橋先交差点を左折し挾間大橋を渡る。直後の三差路は左折し、県道202号線へ進む。カーブの多い坂道を経て黄金色に実った鬼崎の高台に上がり着く。「馬乗山は、どれ?」右上方の九電西大分変電所の鉄塔群が目安になる。

「ん?」左側に、「大分県指定 石造物 北原無縫塔」の史跡が目に留まった。「帰りに寄ってみよう」。


 変電所直前の三差路を右折し、荒れ気味の狭い道路に入って行く。「行けるかな? 対向車が来たらどうしよう・・・」約400m後のY字分岐は左折し樹林帯の上り坂に変わる。さらに200mほど上ったところに駐車スペースが現れた。「ここに停めよう」地形図を見ると道はさらに細く描かれている。


 この場所だけ樹林帯の切れ間となっており、振り向くと変電所の鉄塔群と高崎山が景観となっていた。雲ひとつない絶好の散策日和だ。支度を整え、坂道の途中からスタートした。


        
      振り向くと変電所の鉄塔群と高崎山               坂道の途中からスタート


           
               位置図・登山コース(国土地理院の地形図を加工)


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    駐車地 車道歩き 頂上標高点 : 往復
    往復 : 距離 0. 8km,高低差 約±40m,時間 40
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 すぐに背の高い樹林帯に入り、なだらかな上り坂が始まる。 「ん?」右側、足元の茂みに小さな石仏群が祀られていた。峠道の手前、村はずれのお地蔵様かもしれない。安全祈願してスタートとなった。

 高い梢から野鳥の鳴声が聞こえ、爽やかな秋風が通り抜けていく。道幅は、地形図のイメージより幅広く感じる舗装路となっており、いつの間にか尾根筋コースとなっていた。道脇には、送電鉄塔への点検路分岐標柱が何度か現れる。


        
           背の高い樹林帯の道                   小さな石仏群



        
            尾根筋を行く                      すぐ右に送電鉄塔


 コース途中の樹林帯には、少し大きめの巣箱?が点々と架けられている。

「何だろうか?」傍に近寄ってみると、巣箱の側面には「日本みつばち調査捕獲のため・ご協力お願いします・・・」などと書かれていた。








   
       樹林帯に巣箱?


 歩き始めから約15分、次第に斜度がゆるみ掘割状の峠に到着。標高点のある頂上は、左上のピークと思われるが・・・「登れるの?」


 良く見ると左脇に踏み跡があり、右カーブしながら巻き上がって行くと、正面上方に黄土色のまんじゅう型頂上が迫っていた。木も草もなく、何とも不思議な光景だ。ザラついた斜面を登り詰めると測量の基点鋲があり、(大分の山1077のひとつ)馬乗山頂上に到着。三角点はない(標高点:152m)。低山ながらも、ほぼ全周が見渡せ、北方向の高崎山、南東の霊山障子岳などが望める。


        
             掘割状の峠                     馬乗山頂上(クリックで拡大)



        
          北方向に高崎山                    南東に霊山や障子岳


 頂上は、道路を造る為、掘割状に切られているが、原型は馬の背状になっていたのかもしれない。黄土色の馬の背は栗毛色にも見え、馬乗り山 → 馬乗山…あくまでも私見ですが。


 低山なので、秋になったら登ってみようと思っていた山。山名も気になっていたが、予想外と云うべきか、まんじゅう型の頂上には驚きです。おもしろかった~!。


馬乗山で出逢った花たち

        
          マユミ                シモツケ




 馬見塚・北原無縫塔
  大分県由布市挾間町


『県指定文化財 石造物 北原無縫塔』の標柱が気になって、立ち留まったのだが、大きな説明板には“馬見塚氏はナマズに乗ってきた”などとなっており、

 概略は“肥後の国(熊本)山鹿の城主・馬見塚左馬介正国は平地にあって、周りを大きな堀にかこまれていた。 隣の国と戦争になり、夜中に敵の武士が堀の土手を切り、水を流した。堀の主のなまずがきて「殿様大変でございます。すぐ私の背に乗って 避難してください」「それは仕方ないすぐ避難しよう」と馬見塚氏は、なまずに助けられ、挾間の鬼崎にやってきた。”などと表記していた。


        
             馬見塚 北原無縫塔                  馬見塚 北原無縫塔


 また、由布市の市報(2006Vol.14)にも、似たような文章があり、“この無縫塔は、阿蘇一族、馬見塚氏の開祖、馬見塚左馬介正国の墓塔。正長2年(1429)に造 られ、高さは150cm。 請座と塔の間に書かれた説明によると、前肥後山 鹿郡馬見塚の城主だったが、田ノ小野に来てその 後、僧となり「瑞椿」 と名乗って住むよう になった。”などとなっていた。さらに、「馬見塚氏はナマズに乗ってきた」ことも、民話風に記載していた。


        
                説明板                   県指定の標柱と 北原無縫塔



        
             北原無縫塔                 側面(請座と塔の間に書かれた説明文)



 狭間氏五輪塔群
  大分県由布市挾間町


 場所が判りにくかったが、「はさま保育園」の南西角地にあり、南側の市道に回り込むと『狭間氏五輪塔群30m』の標識が置かれていた。

 両方の民家に挟まれた幅1mほどの草地をたどり、石塔群の入口に到着。 中に踏み入ると『狭間氏石造五輪塔群 配置図』の説明板もあり、実際の石造群と対比しながら確認する事ができる。


        
         『狭間氏五輪塔群30m』の標識               石塔群の入口



        
              踏み入ると                       五輪塔群


 大分県の広報用HP「おんせん県おおいた!ちゃんねる」によると“由布市挾間町には鎌倉時代から戦国時代までこの一帯を領有していた狭間氏の墓地がある。狭間氏は豊後の支配者・大友氏の一族。狭間氏墓地には初代・直重、2代・重泰、3代・直親など一族の墓 20数基の五輪塔がある。この全域は大分県の史跡。初代から3代までの墓は大分県の文化財に指定されている。”などとなっている。


        
            説明板                    県指定の五輪塔(クリックで拡大)
                                             (手前右から 初代~3代)


 櫟木の阿南橋オダニの車橋
  大分県由布市庄内町


 由布市のHPによると、県指定重要文化財に「オダニの車橋」と「櫟木の阿南橋」が載っていた。面白そうな橋だったので、ぜひ寄ってみることにした。


 国道210号線を走り、庄内町の櫟木ダムを左に見ながら進んでいくと「櫟木」バス停が現れる。ここが、「オダニの車橋」と「櫟木の阿南橋」の入口。

すぐのY字分岐を右に進むと、自動車整備工場があり、直後の橋が「櫟木の阿南橋」。大分川水系間田川に架かる石橋、単眼アーチ橋、架橋は1895年(明治28年)。今も使われており人も車も通れるが、(今回は)橋の姿はどこからも見る事ができなかった。

「阿南橋」を渡って行くと「あれだ!」という感じで、下流に架かる「オダニの車橋」が見えはじめる。「ん?」ブルーシートが掛けられているが、どうしたのだろう。「ブルーシートとは関係ないよ」という風情でカモが泳いでいたが、もう北国から渡ってきたの?


        
            阿南橋を渡ると                   右下に車橋(クリックで拡大)


「オダニの車橋」とは、珍しい名称だが、嘉永年間、府内藩に納める年貢米を運ぶため、高欄の石を橋面から突き出す工夫がされ、運搬車の通行が可能となり、車橋と呼ばれるようになった。また、所在地の小字が小谷と尾谷があり、オダニとカナ書きされるようになったと云うことらしい。


「車橋」への通路は自動車整備工場の脇にあり、工場の関係者に会釈して下り始める。しかし、通路は雑草に覆われており、ストックで踏み跡を探していたら『立入禁止・由布市教育委員会』の小標識が置かれていた。そうだったのか、あのブルーシートも、今回の豪雨災害の影響と思われる。


        
       阿南橋を渡った所に指定文化財の標柱            車橋への通路は「立入禁止」


 結局、車橋の傍に降りていくことはできず、先の「阿南橋」の姿や、「阿南橋」と「車橋」のツーショットも撮れなかった。 江戸と明治に造られた珍しい石橋・・・チャンスを見ながら、またいつか・・・。




   HOME