HOME
(大分の山 1077)                     2021 1 14 日(木)晴れ
 城山(大分竹中) (137,8m)
 大分県大分市竹中     下山後・吉野梅園



 新型コロナの感染拡大で、東京圏などでは「緊急事態宣言」が発出され、大分でも不要不急の外出もはばかられる状況になっている。 健康維持のため近場の散歩程度なら… 勝手な解釈だが、3密もなく、マスクのいらない場所を手持ち資料から検索し、大分市竹中にある城山を計画した。



 国道10号線を南下し、戸次地区を通り過ぎ直後の「大南大橋交差点」は、右折して「大野川」を渡る。県道622号線などを経て約2.5km後、老人福祉施設「清浄園」前の駐車場に到着。

「あっ、あれだ!」目指す「城山」が左前方に望める。しかし、山肌の一部が削られ、断崖絶壁のような山姿となっている。「登れるだろうか」


        
      城山(清浄園前の駐車場から)(クリックで拡大)       登山コース(国土地理院の地形図を加工)


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     駐車地登山口)~ 20分)取付き  ~(30分) 城山 : 往復

     往復 : 距離 1.7km,高低差 約±80m,時間 1 時間40
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 細道に変り約400m後、集落の三差路に到着。道脇の空き地に停めた。地形図のイメージとも一致し、ここを「登山口」とする。


「おっ、寒ッ!」上空は晴れているが、放射冷却の所為だろうか、手持ちの温度計は5℃。日陰は寒い。 植林帯に延びるコンクリート道を、ゆるやかに登り始める。10時ちょっとすぎ。 杉植林に竹林の混ざる林道は落葉などに覆われ、未舗装路の雰囲気に変わってくる。


        
           登山口・林道へ                     竹林の混ざる林道


 いつの間にか周りは雑木林に変わっており、明るい木漏れ日の道を行くようになる。「ん?」左の樹間に城山の頂上がチラッと見える。陽射しと共に気温も上がってきたようだ。ゆるやかかに林道の小峠を越える。


        
           左の樹間に城山                   林道の小峠を越える


 やがて掘割状になったカーブを曲がると、左に尾根筋の末端が見えてきた。「あっ、赤テープもある!」。地形図をチェックし、ここを「取付き点」とする。


尾根道

 尾根筋は、ほぼ真東に延びており、頂上に向かうコースと思われる。「300mほどの距離だ。行ってみよう」。 鋭角左に曲がり、尾根筋に取り付くと急に斜度が増し始める。地形図の等高線より厳しい感じだ。
 
 
        
          取付き点・鋭角左へ                    尾根筋の急坂


 やがて斜度も緩み、雰囲気のいいアップダウンの道に変わる。「いいな~、この景色」 梢を揺らす春の風以外は何も聞こえない静かな尾根道。立ち止まって周りを見るのも登山の醍醐味だ。


「おっと、と、すべる?」しかし、両側は、可成り切れ落ちた細尾根となっており、足元注意が続く。陽当たりの良い小ピークではシダ類の難路や地形図に現れないような大きな起伏もあり、遅々として進まない。年相応のペースと思いながらも、まだ先は見えない。


        
       尾根筋のアップダウン(クリックで拡大)             シダ類が足元に絡みつく


 最低鞍部を過ぎると左側が明るくなり、樹林の切れ間に黄土色の地面が見え始める。「ん?」重機で切り開かれた跡? GPSでは、頂上の直前に位置している。


 ゆるやかに回り込み、「もうすぐ頂上」と言いながら最後の急坂を登る。が、「三角点」はない。それどころか、眼前は大きく切り開かれた黄土色の地面となっている。何の跡だろうか?。


        
         樹間に黄土色の地面                   もうすぐ頂上?
         (写真はハレーション画像となった)

 GPSをチェックし「もう少し先かな?」 削り取られた地面との境に続く細尾根を、這うようにして尾根末端まで進んでいくが、「三角点」見つからなかった。 とにかく、このあたりが頂上だ。 城山(大分の山1077)の頂上としておこう。四等三角点(城山:137.8m)11時ちょっとすぎ。登山口から、休憩や思案タイムなども含み約1時間。


        
             ヤセ尾根を辿り                      城山頂上


 尾根筋の末端(切開きの末端でもある)に立つと、北から東の大展望が得られ、左の北東には「本宮山」などの平成森林公園の山並み。右の東側には、大分市街地の一部や「九六位山」の山並みが望め、足元には竹中集落の里景色などが俯瞰できる。


 三方が切り立った崖上に位置しており、自然の要害を利用した山城とも思えるが、資料等もなく定かではない。


   
    
        頂上からの景観
(クリックで拡大)               尾根筋の末端(クリックで拡大) 


 それにしても、尾根筋の北面に広がった黄土色の掘削地は、いったい何の跡だろうか? 採石場跡? 月面を思わせる光景だが・・・


 もう一度、まわりを丁寧に探してみたが、三角点は見つからなかった。残念な気分も背負い、下山は往路を戻る。 汗ばみながら、登山口到着は正午少し前。イノシシかな?で、ドキッとした場面もあったが、人に会うこともなく、マスクのいらない、大分竹中の「城山」でした。 はたして 中世の山城跡だったのだろうか。


 「城山」登山記

    ~~「下山後 ~~~~~~~~

吉野梅園              2021 1 14 日(木)晴れ

撮影地 : 大分市吉野


 
城山から降りる頃は気温もずいぶん上がり、春先の暖かさとなっていた。

 もしかして、吉野梅園の蝋梅や梅が咲き始めているのではないだろうか。 


蝋梅



白梅



紅梅

 白梅や紅梅は咲き始めたばかりと云う様子だったので、見ごろはまだまだ・・・

 それでも、明るい日射しに、新たな希望が膨らんできます。 





   HOME