HOME
(臼杵市文化財史跡)
                                        2020 11 29 日(日)晴れ
 殿様街道・野津(旧都松小学校~茶屋跡)
 

 大分県臼杵市野津町


 臼杵市指定文化財の資料によると、“江戸時代、臼杵には「末広方面から大分に抜ける府内城路」、「武山方面から三重、竹田へと向かう岡城路」、「海添から津久見、佐伯へとゆく佐伯城路」という三本の幹線道路がある。”となっている。
 
 先日は、「末広方面から大分に抜ける府内城路」の一部、臼杵市内の久木小野付近の峠茶屋コースを訪ねてきた。その時は、濃いヤブで断念したが・・・



 今回計画した殿様街道は、“臼杵城下と竹田城下をつなぐ岡城道の一部で、豊後一の瀬と野津中央公民館のあたりの区間の古い道のことを「殿様街道」と呼んでおり、現在の国道が整備されるまで、臼杵と野津をつなぐ重要な道路して使われていた。その周辺には、南北朝時代(14世紀)ごろからの文化財(仏教関係の石造物)などがたくさんある。”などと、紹介されている。


旧都松小学校 から スタート


 この殿様街道、上り下りのどちらからスタートしても構わないが、下見した経緯もあり、野津から臼杵に向かうコースを選んで、旧都松小学校にやってきた。


 殿様街道のコース案内・説明板は見当たらないが、「吉四六さんの民話」絵図の一部に「殿様街道」と記されていた。コースとは関係ないが「吉四六さんの民話」もおもしろく、「早合点 用も聞かずに臼杵行き」のように、往時の人々は殿様街道を行き来していたに違いない。


         
             旧都松小学校             位置図・殿様街道(国土地理院の地形図を加工)


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     旧都松小学校 標柱(入口) 標柱(分岐) 茶屋跡
       ~ 芝尾一万部塔(往復)~ 市道出合 ~(市道歩き)~ 旧都松小学校

     周回 : 歩行距離 3.2km,累積高低差 約±60m,散策時間 2時間
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 旧都松小学校から歩き始めると「殿様街道入口→」の標柱が現れ、いかにもここがスタート地点と云う気分だ。 朝は寒かったが、おだやかな小春日和となっており、絶好の登山日和でもある。

 矢印の方向に進むと100mほどで三差路となり、目指す直進は未舗装路に変わった。民家から離れながら、静かな山道へと入って行く。


        
          「殿様街道入口」                   未舗装路(殿様街道)へ


 道幅は2~3m、それほどの雑草もなく、気分良く辿って行けそうだ。・・・カーブを曲がると「えっ、ヤブコギ?」楽勝気分も5分ほどで途絶え、濃いヤブ道に変わった。 臼杵の久木小野コースで断念した事が脳裏をよぎってくる。が、少しの区間なら、足元注意で突っこんでみよう。


        
           殿様街道を行く                   濃いヤブ道に変わった


「ふ~、抜けたぁ~」悪路は長く感じるが、樹林帯に入ると雑草も少なくなり、快適な山道に戻ってきた。 やがて、ゆるやかな上り坂が始まり弱いY字分岐が現れた? もしかして、文化財の石造物? 寄り道覚悟で駆け上がって行ったら、峠の脇には11基ほどの庚申塔が祀られていた。文化財史跡では無いようだが、これも殿様街道の石造物と云うことだろう。 元の道に戻り、掘割のある峠を越える。


        
          寄り道の庚申塔群                    掘割のある峠


 峠を越えると、ゆるやかな下り坂がしばらく続き、フラット気味の前方に弱いY字分岐が現れた。文化財史跡の「柴尾一万部塔」への分岐と思われるが、標識等もなく右に見過ごす。右上に尾根筋を感じながら、本道を進むと「ん、この音は?」 樹間の左下に、かなり大きな工場が見え、作業している音が聞こえてくる。


 左に巻き込んだ道は3分ほどで分岐が現れ、「ジャ、ジャ~ン」ここにも「殿様街道→」の標柱が現れた。 竹田・岡城の殿様や野津院の代官様が通られたであろう「殿様街道」、歴史の時間を止めたまま、静かな佇まいとなっていた。


        
             弱いY字分岐                   「殿様街道→」の標柱



               
                       「殿様街道」(クリックで拡大)


 途中の小さな峠を越えると、ゆるやかな下り坂を経て茶屋跡の三差路に到着。10時40分。ヤブコギや寄り道なども含むが、スタートした旧都松小学校から約1時間の場所。 この先、「若山の陣」を経て「豊後一の瀬」へ向かう上りの「殿様街道」を左に見送りながら、


        
            茶屋跡の三差路                   豊後一の瀬へ向かう道


 茶屋跡に進むと「殿様愛用の乗馬踏台石」の標柱があり、ほどよい高さの石が置かれていた。殿様が馬の乗り降りに使われたといわれる石。

 殿様の足と間接タッチするように、そっと触ってみました。


 人の気配に気づいたのか、茶屋跡から高齢の女性が現れ笑顔で話しかけてきた。コロナ対策も心得られており、マスクと3m以上のソーシャルディスタンスで立ち話がはじまった。

    
            殿様の踏み石


 先代は、この地で江戸時代から茶屋を営んでいたとのこと。街道の茶屋と云えば、往時のドライブインだ。さぞかし賑わっていたことでしょう。今は、訪れる人も稀な山間の家。裏山を渡る風の音しか聞こえてこない。

「芝尾一万部塔」のことも伺ったら、「案内してあげる」と動き始めた。しかし高齢でもあり丁寧にお断りして、裏山へ向かう取付きや山道の様子を教えて頂いた。


 茶屋の脇へと回り込むと、歴史の遺構「茶店の井戸」があり、今も現役(電動ポンプ)で使っているとのこと。歴史の匂いも感じられ、なんとなくスゴイ 感動を覚える。

 その脇が山道の取付き点となっており、いきなりの急坂登りが始まる。息を弾ませながら登って行くと、「これかな?」と云うような石塔が左側に現れた。が、よく見ると市指定の有形文化財「柱松石となっていた。


        
            茶店の井戸                    市指定の「柱松石


 山道はさらに高所へと続いており、地形図の最高所(等高線130)に県指定の有形文化財「芝尾一万部塔」が祀られていた。


 説明板によると“この石塔は凝灰岩で作られており、永禄3年1383の記銘が残っている。・・途中省略・・「一乗妙典」とは法華経を現し、「一万部塔」とは、その法華経 6万9384文字を小石に一文字ずつ書写したものを埋納した場所に立てた塔のこと。”などとなっていた。 有難いお経の石が、ここに収められている。


        
        県指定の「芝尾一万部塔」                   説明板


 茶屋跡に下山したら、女性は庭先で待っていた。「登ってきました。ありがとうございました」。


 これで、「殿様街道」前半のコースは終了となったが、後半となる「若山の陣」や「豊後一の瀬」のコースは、またいつか。



市道に降りてゴールへ

 スタートした旧都松小学校に戻るには、市道経由で帰ることにした。見送ってくれる茶屋の女性に手を振り、市道につながるコンクリート道を下り始める。ゆるやかな下り坂となっており、10分弱で「芝尾地区案内板」のある市道三差路に到着。


        
         コンクリート道を下り                  市道に降り着いた


 スタートした「旧都松小学校」へは平坦な市道を約1km、ひたすら歩いていくことになる。晩秋の穏やかな陽射しとは云え、紫外線を感じる市道歩き。20分ほどで「旧都松小学校」にゴールした。


 歩き始めは、思っていたより歩きやすい殿様街道に、気を良くしながら辿っていたが、濃いヤブコギが現れると断念の文字も脳裏をよぎった。さらに、不明の分岐などに悩まされながらも、「殿様街道」の標柱に出合い安堵したコースだった。そのあたりの雰囲気こそ殿様街道と云う感じでした。このコース、石畳は無いのかな? 後半の「若山の陣」は、またいつか。

   後日(12月21日) ・・・ →  後半は 
「茶屋跡」~「若山の陣(陣山)」 





   HOME