HOME
 (女将たちの おおいた発見

 宝泉寺温泉百年の杜
(560m)           2020 11 6 日(金)晴れ
  大分県九重町宝泉寺 下山後 相狭間のブンゴボダイジュ



 NHK大分の番組で「女将たちの おおいた彩発見」のコーナーがあり、最近では「宝泉寺温泉・百年の杜」が紹介されていた。「おっ、おもしろそう」でも、場所はどこにあるのだろうか? で、九重町観光協会に問い合わせ、宝泉寺温泉の街中から登る道があるらしく教えて頂いた。

 地形図やMAPをチェックし、概ねの見当はついたが、現地に行ってみないと判らない。「よっしゃ、行ってみよう!」その気になったら早い方がいい。


 九重町の国道387号線を走り、「生竜トンネル」を抜けた直後、「宝泉寺大橋」が現れ、左下に「宝泉寺温泉街」とイメージしていた山塊が見えてきた。「あれだろう!」


               
                       宝泉寺温泉街と百年の杜(クリックで拡大)


「宝泉寺大橋」を渡り、次の交差点を左に回り込んで「宝泉寺駅」に到着。「宝泉寺駅」と云われても、今はもう廃線となった「国鉄・宮原線」の駅があった場所。駅舎?は改装され「観光物産館」となっており、駅前はバス停でもある。

 街中は道も狭く駐車地も判然としないので、駅横の広い駐車場に停めた。今回はここがスタート地点となる。10時10分。


        
           宝泉寺駅をスタート                  散策コース(クリックで拡大)


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     宝泉寺駅 ~(温泉街)~ 取付 展望地 百年の杜(ピーク)~
               ~(別コースを経て)取付き ~(温泉街)~ 宝泉寺駅

     行程 :歩行距離 1. 7km,累積高低差 約±90m,時間 1時間20
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 夕方から雨の予報となっているが、青空も見えており、今しばらくは大丈夫だろう。駅前を後に、ゆるやかな下り坂から始まる。街並みの隙間から、「チラ、チラ」と、百年の杜が見えており、期待が膨らんでくる。

 やがてト字分岐となり、左に美しい紅葉を見送りながら「蛍大橋」渡ると、温泉街の中心部らしき雰囲気となってくる。


        
           ト字分岐は右                     「蛍大橋」渡る


 さて、このあたりから「百年の杜」に取り付くはずだ。 温泉街を前後して様子を探ってみるが、案内標識等は見つからない。「これかな?」。「神頼み」ならぬ「地蔵様頼み?」で、「延命地蔵尊」へ向かうコンクリート道を取付き点と仮定し、いきなりの急坂に取り付いた。

 民家の脇からコンクリート道を登って行くと右上にお堂が現れ、折り返すようにして「延命地蔵尊」に到着。「九州三十三観音霊場特別札所」。 「延命」と「登山の安全」を祈願し、行ってきま~す。


        
            取付き点                       延命地蔵尊


 登山道はそのまま続き、整備された遊歩道という感じで、山斜面をトラバースするように延びている。ほぼ間違いないだろう。確信しながら歩を進めていく。

 やがて給水タンク?が現れ、遊歩道は三差路となっていた「?」案内標識が欲しい場面だが「右上に行ってみよう」 直進は樹林帯だが、右上は切開きの山斜面となっており、まわりの様子を見ながら登って行ける。

 切り株が散在したコースとなっており、弱い分岐と踏み跡は何度か現れる。登るにつれ展望は開け、右下に温泉街を見ながら登って行くようになる。尾根の肩まで上がってくると紅葉景色も現れ、展望タイムとなった。


         
          整備された遊歩道                  給水タンク? 三差路は右上へ



        
             まもなく尾根の肩                    右下に宝泉寺温泉


 左に向きが変わると尾根筋コースとなり、さらに展望は開けてくる。南東は四季彩ロードに沿った山並みだろう。


 尾根脇から巻き上がってきたコースとも合わさり、小ピークの展望ポイントに到着。足元の景色は変わらないが、振り返る北側の展望が得られ、遠く「河上岳」の延長上にシンボリックな「宝山」があり、その右は日出生台に続く尾根筋だ。

 すばらしい展望が、ぐるっと広がり、満足感の得られる小ピークです。ここが、女将さんたちの「百年の杜」かもしれない。


        
           南東の景色                     コースが合わさり



               
                   展望ポイント 北側の遠景に宝山など(クリックで拡大)



 下山は往路を戻る。つもりだったが、遊歩道は、展望ポイントを越えるように延びている。どこまで続いているのか判らないが、様子を見てみよう。

 すぐに杉植林帯に入り、ゆるやかな上り坂は10分ほどで峠状の小ピークに到着。「ん?」その先で遊歩道は終わっている気配となっていた。しかし、よく見ると左下に向かうヘアピンカーブがあり、同じような遊歩道が下向きに延びている。帰りに使えそうだ。

 と云うことは、ここが、「百年の杜」の頂点だろう。山名は判らないが「百年の杜(宝泉寺)」としておこう。三角点はない(等高線:560m)。まもなく11時。取付きから、途中の展望タイムも含み約40分。手持ちの温度計では16℃。かなり暖かく感じる。植林帯に囲まれ展望は得られない。


        
            植林帯を辿り                  「百年の杜」の頂点


 現在地は、はっきりしており、遊歩道の延びている方向を見れば、別コースがイメージできる。

別コースで下山
 ゆるやかな下り坂から始まり、竹の混ざる植林帯をトラバース気味に下っていく。やや斜度のあるS字カーブは、木の階段が造られていた。何が出てくるか判らないミステリーコースのため結構楽しい。でもイノシシくん、飛び出さないでね。


        
          竹の混植林帯を下る                  S字カーブは木の階段


 途中の分岐点は左を取り、山腹斜面を横切るように辿って行くと、前方に見覚えのある「給水タンク?」が見えてきた。 頂上から約15分、登りのときの分岐点に到着。つまり、この分岐点はどちらを辿っても「百年の杜」を周回できることが判った。

 ここからは往路を戻り、「延命地蔵尊」に「無事に登ってきましたぁ」と報告し、温泉街に降り着いた。


        
           山腹斜面を横切り                給水タンク?のある分岐点


 温泉街から駅に向かう道は、ゆるやかな上り坂となっており、陽射しの下では結構汗ばんでくる。今日もまた日焼けしながら、駅横の駐車場に到着。11時30分。周回気味の「宝泉寺・百年の杜」は、展望タイムなども含み約1時間20分。


 最初の展望ポイントでは、予想以上の展望が得られ、「百年の杜」は、これで十分という雰囲気になれる。もう少し行ってみようで、植林帯の小ピークこそ「百年の杜」の頂上と確信し、別コースでミステリーを感じながら、楽しく周回してきました。 行ってみないと分からない、「女将さんたちの、おおいた彩発見」でした。


 駐車場の一角には、「九重町の観光案内板」が置かれており、気になっていた「相狭間のブンゴボダイジュ」も表記されていた。せっかくだから行ってみよう。



 
相狭間のブンゴボダイジュ(大分県九重町宝泉寺)


 国道に架かる「宝泉寺大橋」の袂には「口の園、相狭間」への案内板があり、相狭間川に沿って町道を辿って行くと「わ~、きれい」里景色の中でも、ひときわ赤く輝き、今が見ごろの紅葉群に出逢った。

 その先に「相口・憩いの森」の看板があり、「ソメイヨシノやイロハモミジなどの植樹がされた:うるが水台百年の森づくり協議会」などと記していた。あのきれいなモミジも、この時植樹された「イロハモミジ」だろう。


        
         きれいな紅葉(クリックで拡大)               「相口・憩いの森」の看板


 先の「宝泉寺大橋」から約1km後、町道の右側に「説明板」などが現れ、「相狭間のブンゴボダイジュ」の足元に到着。


   説明板によると“大分県指定天然記念物。 根元周囲5,03m 樹高20m
   釈迦がその下で悟りを開いたとされる菩提樹・・・
   鹿大初島教授により、新種のブンゴボダイジュと命名された。”



相狭間のブンゴボダイジ

根回り付近


説明板

 などとなっており、見上げるほどの大樹でした。



   HOME