立石山-2(2006.04.01)

  立石山1070m) 2002 9 29 日(日) 晴れ時々曇り   
     (大分百山:27)湯布院町塚原にあり、由布岳の北にある山

                塚原牧場・登山口 〜(牧野道40分)取り付き〜(60分)三角点
                           〜(15分)立石山 〜(90分)登山口   : 行程  3時間 50


 改訂版ガイドブック「大分百山」で登山ルートも変わり、まだ登山者も少なく、踏み跡の弱いコースを登
った。湯布院町塚原から安心院に抜ける県道を、約1
.5q行くと小さな橋の手前に牧野道が分岐している。
そこが登山口。



                       
                        立石山


 塚原牧場入口の登山口を8時40分に出発。牧野道をしばらく行くと、広い牧草地に変わり、登山靴は朝
露でビッショリになる。 登り始めて40分。牧草地の最上部は、平らなヒノキの造林地との境になってお
り、山の尾根への取り付き点だが、ブッシュで入口が判りにくい。直感でここだと、ブッシュを掻き分けて
入ると、目印のテープが見つかった。


 植林の中の尾根を登る。斜面は次第に急坂になり、ジグザグに登るが、判り難い所も多いので迷わないよ
うに、登りながら赤い紙テープでマークして行く。



              
                牧野道の登り                  踏み跡が複雑


 植林帯を抜けると、クマザサのラッセルが数分あると書いているが、まさに、クマザサとススキの密植が
すごい。これを掻き分けて進めと言うのだろうか。踏み跡も無く、ラッセルしても行く先が判らない。(残
念だが、写真を撮ってなかった)背の高さを越える草の中に泳ぎ込む。数分どころか、10分以上の格闘だ
ったように感じたがようやく抜けた。そして三角点。山頂はもう少し先らしい。


 さらに、クマザサを掻き分けて行くこと15分。このコースは、以前のガイドブックのコースになってい
たので、それほどひどくは無く、踏み跡が残っている。やれやれ立石山の頂上。10時40分。



                       
                        立石山の頂上


 頂上は樹木に覆われて見晴らしも無く、くつろぐにも狭いので、お昼は下山して食べることにし、一休み
のあと同じ道を下る。


 下山ルートでは、仮マークの紙テープを回収して、ゆったり気分で、12時30分に到着。3時間50分。
この山の思い出は、クマザサのラッセル。 降り着いて、靴はそのままでお昼を取り、食べ終わる頃には背
中の汗も乾いてきた。



 さてと、次は雛戸山(かくれ名山)へ。とモコに乗り込む。移動は数分だが、ガイドブックの読み方が
悪いのか?登山口が判らない。地元の人に聞いても、はっきりしない。ここかな?で、入山しかけたが暗い
杉林の中で、ちょっと怪しい?
時間もなくなってきたし、またにしよう。

 雛戸山は、日を改めて、登りました。→ 雛戸山


 2回目の登山記はこちら ⇒ 立石山-2(2006.04.01)
                                                      へ もどる