HOME

行っ得! 東京3日間       2019 12 10 日(火)〜 12 日(木)
          フリープランは 犬吠埼(灯台)     〜 旅行会社のツアーを利用 〜


 つい先日、と言えそうな今年の3月、旅行会社のツアーで犬吠駅に立寄ったが、期待していた犬吠埼灯台には寄ってくれなかった。残念! 日本の灯台50選であり、世界の灯台100選(日本では5灯台)にも選ばれている灯台。是非とも見たかった。・・・以来、個人レベルでの机上プランも検討していたが・・・

 待てば海路の日和ありというように、地理的条件もいい千葉県・幕張のホテルに連泊し、中日は終日自由行動日を組み入れた2泊3日のツアーが見つかった。鎌倉や東京観光も、お久しぶりだ。「これはいい」と、申し込んだのは8月下旬のこと。


 その後、千葉県にとっては最悪の、台風15号や19号が襲来し、連日のように被害の様子が報道されていた。「大丈夫かなぁ、行けるかなぁ?・・・」 やがて、復興の様子も感じられる報道もちらほら。 「よっしゃ!」観光目的だが、「現地に行くのも復興支援のひとつ」と、出発日を指折り数えながら週間天気予報を見つめる。「やっぱ、折りたたみ傘も用意しておこう」



@  日目・12/10(火)晴れ
 
 1日目のスケジュール
 
大分空港 →(JAL)→ 東京・羽田空港 (オプショナル)ツアーバス
            鶴岡八幡宮(鎌倉市)〜 横浜中華街(横浜市)・・→  千葉市幕張〈泊〉

 おだやかな天気に恵まれ、幸先のいい旅立ちの朝を迎えた。 空港特急・エアライナーの乗り心地も快適。大分空港に到着し「おはようございます」で、旅行会社の受付を済ませれば一安心。

    
          羽田空港・駐車場

 東京・羽田空港到着は、定刻の11時50分。到着後はフリープランだが、オプショナルツアーも用意されており、福岡や長崎からの参加者も合わさり、ツアーの一団(23名)が出来上がった。


 添乗員さんやバスガイドさんの挨拶があり、ツアー会社の小旗に誘われながらバスの待つ駐車場へ。手荷物も積み込んだら、いよいよと云う感じで羽田空港を出発。鎌倉方面に向かった。




@日目−1

 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)


 何年ぶりかなぁ、正面の大銀杏も元気に歓迎してくれたのを思い出しながら、世代後代の黄葉を拝みながらの再訪となっている。古都鎌倉の中心に鎮座する源氏ゆかりの八幡宮。


        
            若宮大路から望む三ノ鳥居                               太鼓橋


        
                  舞殿(下拝殿)                               鶴岡八幡宮(本宮)


        
                                  境内の一角では紅葉が真っ盛り


@日目−2

 
横浜中華街(神奈川県横浜市)


 日本三大中華街の一つらしい。自由散策と夕食タイム。 平日だったが、メインとなる通りには、多くの人が散策していた。 周辺の脇道に入ってみたが・・・、田舎者には不安がいっぱいです。 中華料理も、お腹いっぱい頂きました。


        
            横浜中華街                       横浜中華街


 横浜から、湾岸道路を経て千葉幕張のホテル到着は20時30分。 今日は、いろいろあって、すぐに眠りに就けなかったが、明日の犬吠埼が楽しみだ。



A  日目・12/11(水)晴れ   〜 終日・自由行動 ・・→  千葉県幕張〈連泊〉

 自由行動のスケジュールは
 
幕張 〜JR・銚子電鉄 犬吠駅 犬吠崎灯台 愛宕山(地球の丸く見える丘)
                   犬吠駅 〜・・千葉・モノレール・JR 幕張 ホテル(連泊)


 犬吠埼(千葉県銚子市)


 JRを乗り継ぎ、総武本線銚子行の各停普通電車に乗った。 次第に郊外へと進んでいくが、倒木や土砂崩れ、あるいは民家のブルーシートなど、など、台風15号や19号の爪痕が痛々しい。早期の復興を願うばかりです。約1時間40分の乗車で、終点の銚子駅に到着。


 銚子電鉄(銚子駅〜犬吠駅)

 最近では『ぬれ煎餅』で、すっかり有名になった銚子電鉄は、ここが始発駅。犬吠駅なども経て、外川駅までの、わずか6.km、10駅の小さな私鉄路線。

「あっ、これだ!」と言う感じで、ホームの先端に待つ銚子電鉄の電車に乗り込んだ。「ややっ、素敵な飾り!」先頭車両は赤い色のゴム風船等で、きれいにデコレーションされていた。


        
         銚子電鉄の電車(後部)                デコレーションされた車内


 外川行きの2両編成は、10時23分に発車したのち、すぐに醤油会社の工場内に割り込みながら、最初の駅は銚子電鉄本社のある“仲ノ町駅”へ。

 各駅停車の電車は、ゆっくりペースで進み、沿線情報や珍しい駅名など、車内アナウンスで紹介されていく。“本銚子駅”は、タレントのヒロミさんがリフォームした駅舎。“髪毛黒生駅”では、頭に手をやり御利益がありますように。“海鹿島駅”は、関東最東端の鉄道駅と云うことらしい。


        
       醤油工場と電鉄本社のある“仲ノ町駅”              “髪毛黒生駅”


 ぬくもりも感じられる小さな私鉄路線の旅。もう少し乗っていたい電車だが、約17分後、目的地の“犬吠駅”に到着。「こんにちは〜」駅舎は、お土産品店? 名物の“ぬれ煎餅”はここが本拠地。銚子電鉄を起死回生させたという土産品らしい。


 今日は、ここ犬吠駅を拠点に東側の犬吠埼(灯台)と、線路を挟んだ西側、一等三角点のある愛宕山を目指す予定にしている。


         
              犬吠駅前                     散策図(クリックで拡大)


 それでは、行ってみよう。駅前の車道(歩道)を東向きに歩き始めると『犬吠埼灯台』の案内板も現れ、地形図も必要ないほどのコースとなっている。やがて、潮の香りと共に右側が開け海景色も現れてきた。左前方には「あっ、あそこ!」という位置に、白亜の灯台も見え始める。

 右側に「高浜虚子の句碑」=“犬吠の 今宵の朧 待つとせん”が現れた。 句碑の背後は展望地となっており、「お〜、すばらしい〜」犬吠埼灯台は勿論、犬吠埼の先端と打ち寄せる太平洋の荒波。足元の黄色い花は、今を盛りのイソギクの群落。


        
           前方に灯台が見えてきた                  高浜虚子の句碑


              
                       犬吠埼の絶景(クリックで拡大)


 念願の犬吠埼灯台は指呼の間に迫り、海岸寄りの一角には、案内板『犬吠埼遊歩道』が置かれていた。このあと辿ってみよう。

 そして1分後
「ジャ、ジャ〜ン」ついにやってきました。目的の犬吠埼灯台。11時10分。海抜約25mの高台に建つ白亜の灯台。犬吠駅からロスタイムも含み約20分。 普段なら参観できる灯台だが、入口の立て札には『灯台業務の都合により見学できません』となっており、塗装工事が行われていた。


        
            犬吠埼灯台                      塗装工事中

           『犬吠埼灯台日本の灯台50選 参観灯台

        白塔形(国産レンガで造られた初の灯台)
        単閃白光 
1,100,000 cd 光達距離:19,5海里(約36km)
        塔高31m 灯高52m  初点灯:明治7年
11月


 塗装工事の為、灯台からの大展望は叶わなかったが、基部を周回する遊歩道があり、その先端から、ぐるっと太平洋を見渡す事ができる。 遊歩道の途中には『犬吠埼の崖地植物群落』の説明板があり、花たちにも注目“イソギクやソナレムグラはここが北限地です”。とも記していた。今、歩いている散策路で目につくのは、晩秋でもありイソギクとスイセンです。


        
          ぐるっと太平洋                 イソギクとスイセンの咲く遊歩道


        
         スイセン             イソギク            シャリンバイ


 基部を周回したら海岸に降りてみよう。で、遊歩道案内板を見て下っていくと『犬吠埼の白亜紀浅海堆積物』の説明板が現れた。 図解の灯台下の地層や海岸の砂岩泥岩互層に注目。「?・・・」その様子は判りにくいが、“白亜紀の日本の様子を知る上で重要な場所です。”などと記していた。1億年前の堆積物のこと?・・・ 

 学術的な目を持たない凡人には、荒磯に打ち寄せる白波の方だ。果てしない太平洋から打ち寄せる荒波が、ドド〜ンと磯に砕け、高く打ちあがる白波が豪快!。


        
         灯台下の地層(クリックで拡大)              海岸の砂岩泥岩互層(クリックで拡大)


 海抜0mの磯から、登り返すようにして遊歩道を戻ってきた。「よかった、よかった」素晴らしい灯台と、いつまでも見飽きない犬吠埼の景観は、瞼の裏にバッチリと焼付けました。


 愛宕山(地球の丸く見える丘)

 さて次は、一等三角点のある愛宕山だ。 歩けば1.7kmほどありそうなので、時間の都合もあり、タクシーで向かうことにした。


         
         犬吠駅から望む愛宕山                 散策路(クリックで拡大)再掲


「この上ですよ」と、タクシーは「地球の丸く見える丘・展望館」の直下に停まった。 さて、三角点はどこ? 地形図を見ても、建物や構造物との位置関係が良く判らない。展望館で聞いてみると、「隣接の『日比友好の碑』の一角にあり、この建物の脇から行けますョ」。と。


        
         地球の丸く見える丘入口               地球の丸く見える丘・展望館


「あった〜、これだ!」愛宕山と云われるだけあって、すぐ後ろには愛宕神社が祀られていた。一等三角点(高神村:73.6m):12時10分。横には『日比友好の碑』が造られており、説明板では“友好の浄火をかたどっており、炎の先端は遠くフィリッピンのマヨン山に向いている”などと記していた。なるほどと云うように、太平洋の絶景が望める一等三角点。


        
         愛宕神社と一等三角点                           日比友好の碑(手前に三角点)


 とは言え、ここは「地球の丸く見える丘」と云うことなので、展望館の屋上にも登ってみることにした。 三階建ての屋上へ上がっていくと、「わっ、すごい、スゴイ!」 海抜約90mの大展望は、ぐるっと360度のパノラマ展望となっていた。“銚子で一番高いとこ”地球が丸く見えましたよ。


        
      犬吠埼灯台(地球が丸く見える?・・)        屏風ケ浦(この先に富士山が見えるらしい)


 下山へ

 時間にも、ゆとりが見えたので「帰りは歩いてもいいかなぁ」で、展望館の方に尋ねたら、犬吠駅までの近道を教えて頂きました。「ありがとうございます」「行ってみよう」

 途中から車も通れないほどの狭い道に変わっていくが、万願寺を左に見ながら下っていくと、車道に出て犬吠駅が見えてきた。「地球の丸く見える丘」から約20分。犬吠駅にゴールは12時50分。


 次の銚子行電車は、13時36分。「お昼にしよう」。前回も気になっていたが、銚子電鉄の駅弁『鯖威張る弁当』を購入。鯖の半身が入っており珍しい味でした。 駅の売店では、『ぬれ煎餅』はもとより『まずい棒』や『鯖威張る弁当』など・・・経営の苦しい銚子電鉄だが、その苦しさを周知させながら一生懸命頑張っている様子が、微笑ましく伝わってきます。


        
           鯖威張る弁当                  犬吠駅・上り(銚子行)の電車



 ホテルまではフリープランなので、旅行らしく


 銚子駅でJRに乗継ぎ、特急「しおさい10号(東京行)」で千葉駅下車。さらにJRの乗継ぎで向かってもいいのだが、是非乗ってみたい乗物・千葉モノレールがあり、ここで乗換えた。モノレールと云えば、跨座式が一般的だが、この千葉モノレールは、珍しい懸垂式となっている。

 JRからモノレール乗場のホームに移動してきたが、構内構造は普通の駅ホームと大差なく、普通の電車を待っている感覚となっている。「きた、きた、きた!」入線してきたモノレールも普通の電車?? 

 それでも、2両編成の先頭・運転席の後ろに立てば、レールが上にあり、なるほど懸垂式モノレールであることを体感できる。わずか5分ほどの乗車だったが、楽しみながら乗りました。



        
         千葉駅・モノレール乗場                  先頭からの様子


 京葉線・海浜幕張駅で下車。南口を出たら歩道橋を上がり、ホテルまで行くことができる。このあたりは『幕張新都心』とも呼ばれるらしく、幕張メッセをはじめ、業務研究ビル、教育・研究施設や、ホテル・商業施設・幕張ベイタウン、幕張ベイパークなどなど。20年ぶりの来訪だが、ずいぶん変わっており、田舎者には異次元の空間となっていた。夢の世界を歩き、駅から約10分、連泊のホテルに到着。


        
       高層ビルを見ながら歩道橋を歩き                宿泊のホテルへ


        
            43階の窓から                 43階の窓から(クリックで拡大)



B  日目・12/12(木)晴れ

 3日目のスケジュール
 ツアーバスで 
ホテル(幕張)〜 浅草・浅草寺 築地場外市場(昼食タイム)〜
         皇居前広場(二重橋)〜 東京タワー 東京・羽田空港 →(JAL)→ 大分空港


B日目−1 浅草(浅草寺)(東京都台東区浅草)

 集合時刻までの自由時間は90分。雷門まで回り込んで、ゆっくり散策してみよう。
 ここは30年ぶりかな。



        
             雷門                       仲見世通り


        
             浅草寺                      お線香の煙を・・・


        
      浅草寺からスカイスリー(クリックで拡大)            境内の紅葉は今が真っ盛り


        
           松尾芭蕉の句碑                  弁天堂と鐘楼(時の鐘)
        くわんをんの いらか見やりつ 花の雲 ”          “ 花の雲 鐘は上野か 浅草か


B日目−2 築地場外市場(東京都中央区築地)

 築地場外市場に到着は、正午のちょっと過ぎ。昼食タイムも含み自由時間は約120分。昼食タイムでもあり、通り道は人の波でごった返していた。好きなものを、自分の財布と相談しながらどうぞ。さて、何を食べようか??・・・。


        
           築地場外市場                    通りは人の波


B日目−3 皇居前広場(二重橋)(東京都千代田区)

 いつでも行けると思っていたが、気が付けば60年ぶりの皇居前。令和に変わった年でもあり、いい思い出になることだろう。


        
          楠正成像からスタート                  皇居外苑を行き


              
                          二重橋(クリックで拡大)


B日目−4 東京タワー(東京都港区)

    
              東京タワー
 旅の最後は東京タワー。前回の記憶は判然としないが3回目かな。

 東京スカイツリーが出来て以来、人気度は??・・・。それでも駐車場から見上げる雄姿は相変わらずだ。赤く塗られた塔体はいかにも東京タワー。


 団体コース、エレベーターで地上150mのメインデッキへ。



        
        レインボウブリッジやお台場               メインデッキからの展望


        
       愛宕グリーヒルズや東京スカイツリー           西側遠くに富士山(クリックで拡大)


    
           足の真下にツアーバス


 東京タワーを出発すると、すぐに日没となり、シルエットだけとなった富士山に見送られながらツアーバスは一路羽田空港へ。 バスガイドさんや添乗員さんの、締めの言葉などがあり、予定通りと言うように、東京羽田空港には17時ちょっと前に到着。

 行っ得、東京3日間の旅は無事に終わった。初日と3日目は、定番のお上りさんコースだったが、2日目の終日自由時間は有効に使い、念願の銚子犬吠埼(灯台)に遊んできました。


 この後、大分行きは、羽田発19時55分のJAL671便は、20分遅れの出発となり、大分空港には21時10分ごろ到着。エアライナーとタクシーで、日付が変わらないうちに自宅に到着。遅い時間の帰宅となったが、天気にも恵まれ、想い出に残るいい旅でした。






   HOME