HOME  
 大分県竹田市
 彼岸花ロード                      2020 9 19 日(土)晴れ
    鶴原メンヒル山王橋


 そろそろ、彼岸花の季節だ。 去年の秋、七ツ森古墳の彼岸花を見て「市用横穴古墳群」へと移動していた広域農道沿いに、たくさんの彼岸花が咲いていた。たしか、「彼岸花ロード」となっていたようだ。今年も咲いているだろうか。


 国道57号線を行き、竹田市郊外の玉来交差点から約1.6km後の三差路(竹田市松本分館=公民館)を右折し、県道699号線を約400m行くと広域農道の入口となり『彼岸花ロード』の看板が立っていた。「おっ、咲いてる!」「でも、ちょっと早かったかな」


    
          彼岸花ロードの看板           位置図(国土地理院の地形図を加工)


             

彼岸花ロードの入口



約700m後、遠景は祖母山(クリックで拡大)



さらに約600m後



さらに約200m後、振り向きながら


 快適な広域農道沿いには約2.8kmにわたって彼岸花が植えられており、地元の方々のご尽力が感じられます。部分的には楽しめるところもあったが、全体的には3~4分咲きだろうか。満開は、もう少しです。


 彼岸花ロードの近隣には、「鶴原メンヒル(柱立神社)」や美しい石橋「山王橋」などもあり、立寄ってみることにした。

 
 


 鶴原メンヒル(柱立神社)(標高300m)大分県竹田市


        
          鶴原メンヒルの山塊                 位置図・再掲



「彼岸花ロード」入口からの500mほどの位置にあり、右下に折れ玉来川沿いの細道を行くと、「柱立神社」の真下(鳥居)を通りT字路に出る。

 左に集落があり、右は橋への道となっており、庚申塔の下は小広場となっていた。「停めてもいいですよ」と、草刈り作業をしていた、ご近所の方が、やさしく教えてくれた。「ありがとうございます。神社にお参りしてきます」


 鳥居を潜ってコンクリート道を登り始める。やや斜度を感じる坂道だが、まわりは、きれいに草刈りされており、気分良く登って行く事ができる。左右を見渡しながら約2分。「えっ、もう着いたの」 お社や説明板が現れ、「柱立神社」に到着。右下には、東側からの参道も見える。


        
         「柱立神社」の(鳥居)                  「柱立神社」



        
          説明板(クリックで拡大)                  右下に東側からの参道



 説明板『鶴原のメンヒル』には、“巨石信仰に対する名称であり、ここに立っている巨石は、阿蘇溶岩の残食の岩。土地の人々は古い時代から「陽石」として深く信仰していたようです”などと記していた。周囲にも巨石が点在しており、神社の北側、竹林の中にも高い石が立っている。



               
                       巨石と柱立神(クリックで拡大)



        
            神社の左に                     神社の奥・竹林に


 大分県でも巨石信仰の神社は多いようだ。お参りし、下山は往路を戻り、「彼岸花ロード」に復帰し、彼岸花を愛でながら県道638号線(白丹竹田線)に出た。 右折すればすぐに山王橋に行けるはずだが、道路拡幅工事の為、迂回を経て到着となった。




 山王橋(稲葉川に架かる石橋)大分県竹田市


 稲葉川に架かる、美しい石橋。竹田市指定有形文化財。明治40年架設。長さ560m。3連アーチ式の石橋。


        
             山王橋                      東側からの橋姿



                 
                       橋を渡って、西側からの橋姿(クリックで拡大)



 期待しながら、「彼岸花ロード」を走ってみたが、全体的に見れば3~4分咲きだろうか。しかし、明日以降も好天が予想されており、開花も急激に進んでいくことでしょう。 このところ、一気に秋を思わせる涼しさとなり、いい季節になってきました。




 HOME