HOME  
 

 寒中・春の兆し

      河津桜の開花
    2017 1 22 日(日)くもり

  撮影地:大分県臼杵市・津久見市


 二十四節気のひとつ、大寒は1月20日だった。 文字通りの寒さとなっており、「そうだ!」河津桜が咲き始めているかもしれない。寒さから逃げるようにして、県南の津久見に向かった。


臼杵・望月でも

「あっ、咲いてる!」。早速という感じで、臼杵市望月付近を走っているとき、淡いピンク色の花が目に飛び込んできた。 国道502号線と臼杵川にはさまれた河岸土手には、約1kmに亘っても河津桜が植えられており、今年もポツンポツンと咲き始めていた。


       
                      河津桜


  
        臼杵川沿いの河津桜               河津桜の背後は羽衣山


津久見・四浦半島

期待しながらメインの四浦半島に入り、荒代トンネルを抜けた直後の荒代漁港に到着。「あっ、咲いてる。咲いてる!」。漁港の一角には『ようら河津桜案内板』が立っており、シーズンになれば『開花情報』も併せて掲示されているのだが、それは未だ掲示されてなかった。 四浦半島の河津桜は、ここ荒代漁港から始まり、東端の間元地区まで続いている。

道路沿いに植えられた桜は、鮮やかなピンク色で主張しており、「あっ、あそこにも」と、というようにポツリ、ポツリと咲き始めていた。県南の春は、すぐ近くまで来ているようです。 津久見市のHPによると、今年の河津桜まつりは2月12日からのようでした。 参考:2016年2月15日の四浦半島


  
       荒代トンネルを抜けると            荒代漁港『ようら河津桜案内板』


       
                      河津桜



   HOME