HOME

  さつまの旅         2018 9 5 日(水)〜 7 日(金)
   
    鹿児島県大隅地方 

    “西郷どん”の オープニングに映る
     あの幻想的な滝を この目で見たくて・・・ 


 チェスト! 西郷どん「かごんまに やってきたがな」・・・ 先週は、竹田市で西南戦争激戦地を訪ね、心が痛むほどの感動を受けた。 そのドラマ“西郷どん”の オープニングに使われている あの青く抜ける神秘的な滝を見たくなり、思いつくまま薩摩の旅を計画した。

 国道10号線を南下し、道の駅などに立ち寄りながら鹿児島県に入ってきた。長く続いた猛暑も台風21号が吹き飛ばし、辺りは秋色の雰囲気に変わっている。 しかし、その台風は大阪を中心に甚大な被害をもたらしており、カーラジオは刻々と被災情報を報道している。この地から、どうすることもできないが、早い復興と平常を祈るばかりです。


 国道10号線から分かれ、霧島市福山町では 瓶壺団地?の黒酢の里を見ながら国道220号線に乗り、錦江湾沿いの景色に変わった。「あっ、桜島!」雲やモヤでシーイングは良くないが、噴煙も揚がっているようだ。「また来ましたョ〜」




1日目@ 牛根麓稲荷神社の埋没鳥居展望公園
      (垂水市牛根麓)


 道の駅・たるみず を過ぎてすぐの左側『牛根麓埋没鳥居展望公園』の案内板が現れた。「ここだ!」 狭い道になるが、案内標に従いながら広い駐車場に到着。今回は、ここが最初の訪問地。埋没鳥居の他、牛根城跡などにも登れそうな気がして計画したが、どうだろうか。


        
          国道沿いに案内板                    稲荷神社入口


『稲荷大明神』の標識に従い、舗装された遊歩道を登り始める。すぐの左側に『牛根麓稲荷神社の埋没鳥居』の説明板があり、牛根城や稲荷神社の経緯や歴史、大正3年の桜島大爆発による降灰で埋没などと記していた。

 遊歩道は左カーブして階段に変わり、急坂となって高度を稼いでいくが距離は短い。「?」右側に分岐路が現れ、明るく開けた『展望公園』に到着。「お〜、桜島!」ここから見るのが最高ですと言うように、素晴らしい展望が得られる。


        
     遊歩道の階段を登り                 展望公園


               
                         桜島(クリックで拡大)


 本道に戻り、さらに上方へ向かうと、すぐに『埋没鳥居』が現れた。『垂水世間自然遺産』など、いくつかの説明板も立っていた。

 登り初めに見た説明板と大差ないが、“現在は1、45mまで掘り出し、この鳥居が現存するのみである。社殿の一部には月輪の石灯籠がある”の部分を再認識し、低い位置にある段違いの鳥居に感動! 


 埋没鳥居と言えば、去年(2017年)1月、鹿児島桜島に旅した時、桜島東岸の黒髪埋没鳥居のことが思い出される。あれも、大正3年の桜島大噴火に伴う降灰だった。


               
                           埋没鳥居


 遊歩道は埋没鳥居の背後に延びており、カーブしながら登り詰めると、真新しい稲荷神社・本殿が祀られていた。右脇は、説明文にあった月輪の石灯籠だろう。

「さて、牛根城跡は?・・・」 ここは尾根筋の肩に位置しているが、牛根城跡の標識などはなく、周囲の灌木林帯にも、切り分けや踏み跡などは見つからなかった。これ以上行くこともできず、牛根城跡という歴史ロマンは、ここで消滅? 仕方なく往路を戻る。


        
        埋没鳥居の背後に回り込み                 頂上に稲荷神社本殿


 牛根城跡はどこにあったのか謎は残るが、桜島の大噴火を後世に伝える貴重な証言者、牛根麓稲荷の埋没鳥居 でした。 時間が余った。もう少し海岸線をドライブしてみよう。




1日目A かごしまロマン街道 荒平天神
      (鹿屋市天神町)


 鹿屋市の西海岸へ回り込み、海岸美を愛でながらドライブしていたら『かごしまロマン街道・荒平天神』の標識と駐車場が現れた。
 
    
         荒平天神・駐車場
 数台の車と観光客も訪れており、海岸には鳥居と海に突き出た小島が見える。寄ってみよう。

 計画してなかったが、ロマンを感じる景色に誘われながら駐車場に車を停める。








 先ずは、説明板に目を通そう。

東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな
 “菅原道真が愛した梅の花びらに似た貝殻が混じる砂浜・・・海水、波の浸食でできた奇岩
 ・・・天神島の雄姿は見る人に感動を与えてくれます”
などとなっている。


               
                      荒平天神(クリックで拡大)


 海岸から島までの砂浜は、満潮時には海水に没する砂洲・トンボロ道と思われるが、現時点では、海面から50センチほどの高さとなっている。 梅の花びらに似た貝殻を探しながら、赤い鳥居をくぐって行く。

 距離は短いので、すぐに天神島に到着し、コンクリートの階段が現れた。「この上?」 階段を登り詰めるようにして、ロープの懸かった岩場を巻き上がると、ポンと言う感じで頂上に飛び出し、極彩色に塗られた荒平天神・本殿に到着。お参りしておこう。「ボケませんように」頂上は狭く、社殿を囲む金網の外には出られなかった。ソテツなどに覆われ、展望は得られない。 


        
          砂洲の鳥居をくぐり                     石段を登る


        
          岩場を巻き上がると                  荒平天神・本殿


 貝殻を探してみたが、梅の花びらは見つからなかった。 天神様のご利益で、少しは頭も良くなったかな? いやいや、ボケなければそれでよし。 陽も西に傾いてきた。ホテルにチェックインしよう。




 夕食後、部屋のテレビは、台風21号による被災情報が続けられており、関空や大規模停電・・・吹き飛ばされる車やぶつかり合う車・・・悪夢のような映像に心は痛むが、睡魔も襲ってきた。


9月6日(木)

 目覚めて、テレビのスイッチを入れると『北海道で震度6強』の大字幕が画面の左にあり、緊迫した雰囲気で報道がされていた。 まさか?? 夢なら覚めてほしい。 災害の多い国・日本、昨日は猛烈台風、今日は大地震。 遠い薩摩大隅半島から、どうすることもできないが、せっかくの旅行は自身の健康維持の為。予定どおり、雄川の滝へ行ってみよう。




2日目@“西郷どん”の 雄川の滝
      (鹿児島県南大隅町)


 南大隅町の中心部に入ってくると、『雄川の滝』と書かれた、案内標識が目立つようになってきた。さすが、大河ドラマ“西郷どん”効果、かもしれないが、これなら安心。 その標識に従いながら進んでいくと、狭い道になりながらも、地形図に描かれている発電所横に到着し、さらに延びる舗装路へと導かれる。

 約1.2km後、雄川に架かる橋を渡ると、造成中の広い駐車場に到着。 天気予報では傘マークとなっていたが、今は、どんよりとした曇り空。「傘を持っていこう」駐車場の一角、東屋のあるところが遊歩道入口となっている。


         
          駐車場から遊歩道へ                   遊歩道(クリックで拡大)


『熱中症・ご注意下さい』の注意書きに納得。スポーツドリンクも持った。 遊歩道に踏み入れると、『滝まで1200m』の標識があり、きれいに整備されたコンクリート舗装が上方に延びている。しかも、舗装路の幅以上に草刈もされており、歓迎の気持ちが伝わってきます。「おじゃったもんせ」の場面だろう。

 ゆるやかな上り坂から始まり、リズムに乗り始めた3分後、コースはフラット気味になり、前上方に大きな橋(瀧見大橋)が見えてきた。左下は、雄川の渓谷となっており、明るい雰囲気の遊歩道に変わった。


        
          ゆるやかな上り坂                     前上方に橋


 明るく気持ちのいい遊歩道だが、小刻みなアップダウンもあり、雰囲気の変化も楽しめる。右側の崖際に小さな滝と出水口が現れたが『この水飲めません』となっていた。その先で『滝まで800m』の標識。

「ん、雨?」傘の出番となったが、「大丈夫」それほど強い雨ではないようだ。 やがて、対岸の崖は高くなり、その柱状節理を見ながら大橋の真下をくぐった。コースの中ほどかな?、地形図で位置を確かめる。


        
         この水飲めません                     滝まで800m


        
        対岸は柱状節理の高い崖                   頭上は瀧見大橋


 瀧見大橋の下を過ぎると、ほどなく『滝まで600m』の標識が現れた。遊歩道は、ちょうど真ん中あたりとなる。ひと休みしながら喉を潤す。補水は小刻みに。 道は下り坂となり『雄川ダム放流時は、通行にご注意下さい』の看板を見ながら渓流沿いのコースに変わった。


        
           滝まで600m                  渓流沿いのコースを遡上


 遊歩道は、仮設の部分を抜けると『滝まで200m』となり、アップダウンの大きい坂道が現れる。「よいしょ、ヨイショ」もう少しだ。


        
           滝まで200m                    斜度を感じる上り坂


 軽く上り詰めた前方に、出来たばかりの展望台が見えてきた。「わ〜、滝と展望台!」で、気持ちも弾みながら展望台に到着。駐車場から花散策しながら30分少々の歩きだった。手持ちの温度計は28℃。やや蒸し暑さを感じるが、滝音の涼しさがうれしい。


        
          前方に滝と展望台                   雄川の滝・展望台


「すごい、スゴイ」 テレビでイメージしていたよりも、高さや広がりは、さすが実物と言うように、そのスケールはかなりの違いとなっていた。豪快に流れ落ちる本滝とその右側には、柱状節理の崖から噴き出す伏流水の滝。 そして、幅広い滝壺のコバルトブルーが目を惹く。しばし、無言の鑑賞タイムが続いた。


              
                      雄川の滝・ほぼ全景(クリックで拡大)


              
                       右半分・伏流水の滝(クリックで拡大)


「ん、なんだ?」滝の上、デコボコした岩峰に猿が居り、傍を飛び交う鳥たちを、追いかけるようなそぶりで岩上を飛び跳ねていた。鳥は鷹かトンビの群れと思われるが、猿の存在を認識しているようでもある。

 そして猿は追いかけるのをやめ、「どうだ、見ていたか」と言うようなふりをして、見物していた私たちを見下ろしている。 「ヤッホ〜」と声をかけると、得意になって? また岩の上を飛び回っていた。判っているのかなぁ?


              
                          滝上の岩で遊ぶ 猿と鳥


 猿と鳥のショウタイムも終わった。「帰ろう」 気になっていた雨もやみ、花たちに見送られながら往路を戻る。 往復は、鑑賞タイムなども含み、約1時間30分。 スケールが大きく、想像していたより立派できれいだった雄川の滝。遊歩道も楽しい雄川の滝 でした。




2日目A 神川大滝公園 神川大滝
      (鹿児島県錦江町)


 大隅地方の滝としては、早くから神川大滝が知られており、2012年12月、錦江町の八山岳(00)に登った帰り道、大吊橋から見下ろし、その雄大さに感動を覚えた滝でもある。



 その知名度は続いており、今朝がた雄川の滝に向かうときも、手前の錦江町では『神川大滝』への案内標識を横目に見ながら、雄川の滝に向かった。 と言うことで、神川大滝へは、その標識のある錦江町から、案内標識に従いながら滝壺直前の 神川大滝公園の広い駐車場に到着。


        
       神川七滝・全体マップ(クリックで拡大)                 神川大滝公園施設配置図(クリックで拡大) 


 駐車場の一角には、『神川七滝・全体マップ』や『神川大滝公園施設配置図』などが掲げられていた。 神川七滝は? 神川水系にある七滝で、現在地の大滝小滝の2滝と少し離れたところにある長次郎の滝、合計3滝は行けるが、残る4滝は整備計画中となっていた。おもしろそうだ、この後、その長次郎の滝にも寄ってみよう。

 先ずは、公園内にある二つの滝。 傘は手放せない降り方になってきたが、距離は短いはずだ。


         
           駐車場から歩き始める                 散策図(クリックで拡大)


    
            小滝(弁財天の滝)
 駐車場から歩き始めると、すぐの左側、高い崖際から吹きだした滝があり、『小滝・弁財天の滝』となっていた。 説明板には『神ノ川七滝伝説』を表記していた。

 滝の高さなどは?・・、何も記してなかったが・・「ま、いいか」








              
                       小滝(弁財天の滝)(クリックで拡大)


 滝裏を巡る遊歩道があり、左から回り込んで行くができる。「おっと、飛沫で濡れそう」でも、滝を透してみる景色は不思議な感覚を味わう事ができる。


        
         滝裏に回る事ができる                   滝裏からの景色


 滝裏を回り終わると、高いらせん階段があり、滝上の大吊橋へと行くことができる。が、今回はパス。そのまま遊歩道を辿って行き、茶屋の横を上り詰めると、前方に雄大な大滝が姿を表した。

 右下に、河岸に降りる階段があり、天然記念物のカワゴロモに期待しながら降りて行った。「どれかなぁ」水流の中を覗いてみるが・・・、水量と雨粒で、ファインダー越しの画像では、どれがどれか判然としなかった。河岸沿いの遊歩道も滝壺まで延びており、傍で見ると充分に迫力を楽しめる。が、目線が低い。

 河岸の階段まで戻り、遊歩道の先端まで行くと説明板のある展望台に到着。『神川大滝・恵比須の滝』となっていた。説明板には書いてなかったが、鹿児島県の資料によると、
幅30m、高さ25mの雄大な滝。


        
            遊歩道を行き                     大滝展望台


                 

                            
   神川大滝(クリックで拡大)


 せっかくだから大滝公園を散策してみよう。駐車場に戻り、連絡橋の『ふれあい橋』を渡ると『林間広場』となり、明るい広場には子供の遊具などが設備されていた。カワゴロモを見たいが、河岸に降りる階段や場所は見当たらなかった。 そして、小吊橋を渡ると、北端・公園入口の駐車場に到着。


        
             ふれあい橋を渡り                 林間広場を抜け小吊橋へ


 駐車場へは車道の端を歩いて向かったが、すごい雨になってきた。「ピカッ、ドカ〜ン」左の崖上に落雷?した模様。「いそごう」小走りで駐車場の車に到着。でも、膝から下はびしょ濡れになってしまった。


        
           車道沿に湧水口                      駐車場


長次郎の滝(福禄寿の滝)

 神川大滝公園から県道に戻ったところに、『長次郎の滝』への案内板があり、旧道のカーブした先に、展望台入口が造られていた。神ノ川七滝の一つ『長次郎の滝・福禄寿の滝』。先ほどの豪雨で、滝は茶褐色になっていたが、高さも水量もある、豪快な滝と言う感じです。


        
               展望台入口               長次郎の滝(福禄寿の滝)(クリックで拡大)


『神ノ川七滝』とは言え、傍まで行けるのは、先ほどの大滝、小滝と、この長次郎滝の3つ。あとの4滝は、整備計画中となっており、すべてが完了すれば、また楽しみも増えることでしょう。大分からは遠いけど・・・。



 このあと、鹿屋市の高台『霧島ケ丘公園』などを計画していたが、突然の豪雨や落雷が気になり、予定を変更して『吾平山上陵』に向かった。




2日目B 日本書紀… 吾平山上陵
       (鹿児島県鹿屋市)


 大箆柄岳や御岳、甫与志岳など大隅半島の山に遠征中、各所で『吾平山上陵』の標識や情報板が気になっていた。今回は予定外だったので、事前学習はしてなかったが、この際、ぜひ寄ってみよう。


 カーナビに目的地をセットし大隅半島の中心部へ向かう。大隅広域公園を目指せばいい。やがて、案内標識なども現れ、『吾平山上陵』入口の広い駐車場に到着。


 両側が山に囲まれた姶良川のほとりに位置しており、なんとなく厳かな雰囲気も漂っていた。参拝できるのかな。車止めの『吾平山上陵参道入口』から入園し、きれいに整備された玉砂利の道を歩き始める。


         
           吾平山上陵参道入口                    参道(クリックで拡大)


 園内は公園のように整備されており、姶良川に沿ってゆっくりと歩を進めていく。150mほど行った突き当りに、大きな説明板『吾平山上陵』があり、“山陵とは帝皇の塚墓をいう。” から始まり、“日本書紀に「彦波・・・尊は、西の洲の宮で崩御・・・吾平山上陵〇〇に葬る」と載せてある。などと長い説明文となっているが、鹿児島県の資料では判りやすく“神武天皇の御父君と御母君の御陵”となっていた。

 幅広いコンクリート橋を渡ると、この先『禁煙』など、参道らしい注意書きがなされており、さらに厳かな雰囲気に包まれてくる。その先では、宮内庁の注意書も掲示されていた。なんと、ここは宮内庁の管轄地。おそれながら参拝させていただきます。


        
          説明板に目を通す                 玉砂利の先には宮内庁の注意書き


 石の太鼓橋を2回ほどわたると参道は直線気味になり、右側には姶良川の流れが現れた。先ほどの豪雨で濁っているが、普段なら姶良川の清流と言うところだろう。 川辺に降りる階段もあり、なんとなく伊勢神宮の五十鈴川を思わせる雰囲気となっていた。


        
             石の太鼓橋を渡り                    姶良川沿いの参道


 その先、大きな杉の木などの茂る幅広い参道となり、右前方には石の鳥居が見えてきた。「あれだろう」 ほどなく参道は終点となり、手前の小橋は施錠されていた。 関係者以外は通行止と言うことだろう。 傍まで行くことはできないが、少し戻って振り向けば、ほぼ正面に拝む事ができる。


        
        幅広い参道を行き(クリックで拡大)              参道終点・右前方に上陵


              
                          吾平山上陵(クリックで拡大)


 昔々の神話が、今、ここに展開されており、タイムスリップした雰囲気でもある。「ん?」雨音で現実に戻ったが、大降りにならないうちに戻ろう。 厳かな気分となって駐車場にゴール。往復は約40分。 大隅半島の真ん中、幻想的な山奥で、日本人の先祖に会ってきました。


さよなら桜島

 3日目の朝は、北海道地震の続報を主体に、一部では台風21号に伴う大阪の続報もなされていた。何もない平穏が何よりだが、北海道も大阪もこれからが大変だ。早い復旧・復興を祈っています。

 昨日の、雄川の滝の雄姿を瞼に焼き付け、雨の迫る桜島に見送られながら、大分に向かった。
 西郷どん 雄川ん滝も みたがや・・ “今回は、このあたりで よかろうかい”


              
                       『道の駅・たるみず』で桜島


 大隅地方(主に雄川滝遊歩道)で出逢った花たち

        
        ネコノシタ             サンゴバナ            ボタンクサギ


        
        コフジウツギ            ボタンヅル           ヤブミョウガ


        
       メリケンムグラ            キンゴジカ           タニワタリノキ


        
       ベビーマラカス           センニンソウ           カワゴロモ?



   HOME