HOME

 ビシャゴ姉妹岩のある                2021 1 10日(日)晴れ
    佐賀関半島南岸

   大分県大分市佐賀関町



 大分県の各地に大雪を降らせるなど、数年に一度の大寒波が居座っており、山間部の道路は、どこも雪用タイヤの規制が出ている。3密も考慮し、雪の降らなかった佐賀関半島なら良いかもしれない。 数年前の晩秋、珍しい「ビシャゴ姉妹岩」や小黒・大黒の風景が脳裏をかすめ、2回目となるが行ってみることにした。


 国道217号線を行き、フェリー乗り場を過ぎるとすぐに金山交差点があり、「黒ケ浜・白ケ浜」や「ビシャゴ姉妹岩」の案内標識が出ていた。歓迎の看板だ! うれしいね。

 市街地の中心部を経て佐賀関漁港に出ると「黒ケ浜」標識があり左折し、海岸沿いの狭い道に入って行く。「え~、こんなに狭かったか・・・」カーブミラーを確かめながら、ゆっくり、ゆっくり、難路は長く感じる。「白ケ浜」を過ぎると下り坂となって2車線道路に変わった「ホッ」。


 右側に海景色の絶景が現れており、豊予海峡に浮かぶ「高島」や遠く四国の「佐多岬半島」などが展開している。「あっ、ビシャゴ岩!」注連縄の懸かった「姉妹岩」も指呼の間に迫っていた。先の佐賀関漁港から約1.8km付近。


        
          海景色の絶景(クリックで拡大)           訪問地の位置図(国土地理院の地形図を加工)


 見どころは、ここあたりから始まる。 「ビシャゴ姉妹岩」の直前に「小黒」集落があり、早速「神明社」が現れた。



小黒集落の

 神明社


「神明社」とは、「天照大御神」を主祭神とした神社で、日本各所にあるが、ここ小黒集落の「神明社」は、成り立ちが少し変わっている。


        
                 神明社                        説明板


その説明板の概要は
“古事記より古い「豊国文字」の「上記」に、神武天皇の御父である「鵜草葺不合尊」の生誕地として「黒 が浜神社」建てられていた。その後、天保年間(1830)に「天照皇大神」を合祀して「神明社」と改めた 。”などとなっている。


       
               神明社                         拝殿


 鳥居には真新しい注連縄などが懸けられており、新年らしい装いとなっていた。境内に敷かれた黒ケ浜の玉砂利を踏みながら拝殿に進み、歴史のある神社にお参りする事ができました。


小黒集落の
 石鎚神社


 集落の北側に回り込むと駐車スペースがあり、「これだ!」と云う感じで「ビシャゴ姉妹岩」が迫っていた。「ビシャゴ姉妹岩」は後ほど見る事にして、ここは「石鎚神社」の参道入口にもなっている。振り向くと、注連縄の懸かった石段があり、崖際に沿って高台に延びているのが見える。いきなりの石段登りから始まるが距離は短いだろう。


        
            参道入口                       石段を登り


 すぐに景観が現れ始め、中段のカーブでは、早くも展望タイムとなった。「ビシャゴ姉妹岩」はもとより、「高島」や「佐多岬半島」などが、トンビの目線で俯瞰できる。「ヤッホ~、ピーヒャララ~」


              
                         中段からの展望(クリックで拡大)

 

「よいしょ、ヨイショ」で踏みあがると左側に小広場が現れ、海岸から3分ほどで石祠の「石鎚神社」に到着。標高20mほどだろうか。垂直な崖の中腹に位置している。 ここにも、黒ケ浜の玉砂利が敷かれており、ジャリ、ジャリと踏み進み、神前でお参りすることができました。手を合わせる方向は、四国の石鎚山がある北東のようです。

 左側は樹林に覆われているが、右側には、「蔦島」や遠く四浦半島や「彦岳」など南側の景観が望める。日豊海岸国定の景観。


        
            石鎚神社                      南側に蔦島など


「石鎚神社」を降り、改めて「ビシャゴ姉妹岩」や周辺の海景色を堪能。 「ビシャゴ姉妹岩」の直前右側に小さな二つの岩があり、黒っぽい鳥が数羽、羽根を休めていた。シルエットは「ウミウ」の姿だが、伝説の「ビシャゴ」ならうれしい出逢いとなる場面だ。・・・ビシャゴとは、魚を主食とする「ミサゴ(大型のタカ)」の地方名。


 ビシャゴ姉妹岩


 海を背にした崖側の岩に、説明盤がはめ込まれており『姉妹岩の由来』を記していた。

その概要は
“神武天皇御一行の船が急に進まなくなった。天皇が海底を見ると、海に落としたとされる御神剣を大ダコ が守護していた。 天皇は、海女の姉妹に御神剣を大ダコから受け取るように命じたが、潮の流れが速い ため体力を使い果たし、天皇に御神剣を渡したあと息途絶えた。

 その夜、天皇の夢に姉妹が現れ、「ここを航海する船は、私たちがお護りいたします」と告げた。翌朝、 激しい雷雨で大岩が裂け二つの岩となり、姉妹岩となった。”などとなっており、
 最後の行には“御神剣は、早吸日女神社のご神体となっています。”と記していた。


 と云うことで 、帰りには是非「早吸日女神社」にも寄ってみよう。


        
         岩に鳥・遠く無垢島                     説明盤


 夫婦岩のように注連縄が懸けられており、新年のご来光ポイントと云う感じの「ビシャゴ岩」。背景には悲しい伝説が残されているのですね。


              
                      ビシャゴ姉妹岩(クリックで拡大)


「ビシャゴ岩」を背後にしながら、県道をさらに進むと大黒集落に到着し、公営の広い駐車場に停める。



大黒集落の
 大浜神社と海岸美


 海岸寄りに「津波避難経路図」が掲げられているが、大黒集落の案内板にも使えそうだ。避難場所の最高所は、「大浜神社」の海抜39mとなっている。展望はどうだろうか、登ってみよう。



        
            大浜神社のある山                      「津波避難経路図」


 背後には黒ケ浜と海景色の絶景が見えるが、先ずは「大浜神社」へ。 現在地を確かめ、駐車場の奥に進むと、コンクリートの細道が現れた。

 登り始めると、すぐにお地蔵さんが祀られており、登山道は右向きに変わる。「?」お地蔵さんの左側に見える未舗装路は地形図にも描かれており、小黒に繋がる山越えの旧道かもしれない。


        
              登山口                      お地蔵さん・右へ


 やや斜度を感じながら「大濱神社」の鳥居をくぐると、さらに斜度が増し、石段の上方には、早くもお社が見えてきた。 「?」樹林帯の右上から、ガサゴソと動物の成す音が聞こえてきた。イノシシかシカ?、いやいや、音の様子が違う。アライグマか野生の猿かもしれない。とにかく、鈴を鳴らしながら登ろう。


        
         「大濱神社」の鳥居                   石段の上方に大浜神社


「ヨイショ」で、石段を踏みあがると、狭い境内いっぱいに「お社」が建てられていた。登り始めから10分少々、標高39mの大浜神社に到着。11時30分。

    
            大浜神社
 なぜか、お社の開口部には白い幕で覆われている。お賽銭はどこに供えるの?・・・

「そうか!」先ほどの音は、もう聞こえなくなったが、猿などの野生動物が、(お供え物を狙って)入らないように、幕を張っているのだろう。… 勝手な解釈ですが

 境内は、きれいに掃き清められていました。期待した展望は、樹林帯に覆われ、全く得られなかった。



 下山は往路を戻り、黒ケ浜の絶景へ



日本の渚百選

 黒ケ浜(日豊海岸国定公園)


 黒ヶ浜という名は、蛇紋岩と呼ばれる黒い石のために、海岸が黒く見えることに由来している。バス停のような標識があり「日豊海岸国定公園・日本の渚百選」と記されていた。

 海岸は、黒光りした玉砂利となっており、打ち寄せる波は「シャワ、シャワ、シャワ~」と繰り返され、癒される音が続く渚です。


 景観の左端は豊後水道に浮かぶ「高島」があり、目線を右に移すと、はるか沖合には「沖無垢島」や「地無垢島」などが浮島現象となっていた。幻想的、美しい~。 右端は「ビシャゴ姉妹岩」を見返す位置となっており、遠く四浦半島や「彦岳」などの景観も望める。


              
                   「沖無垢島」や「地無垢島」などの浮島現象?



           
                「ビシャゴ姉妹岩」と遠く彦岳など
(クリックで拡大)




 計画ではこれで終了のつもりだったが、先の「ビシャゴ姉妹岩」の説明板に “御神剣は、早吸日女神社のご神体となっています。”と記されており、帰りには是非立ち寄ってお参りしよう。往路の県道635号線を戻り、佐賀関の中心部へ。




ビシャゴ姉妹岩との関連もあり

 早吸日女神社(佐賀関半島のパワースポット)


 カーナビに従いながら早吸日女神社」の駐車場に到着。「あっ、大丈夫!」3密の心配はなさそうだ。新年のため参詣者が多いのではと気になっていたが、この程度なら大丈夫。


 正面の鳥居をくぐると、いくつかの説明板があり、早速「早吸日女神社・由緒略記」に目を通すと、

由緒の冒頭に“当社は、人皇初代神武天皇東遷の途次、海女、黒砂 真砂の二神が速吸の瀬戸の海底から大 蛸が守護してきた神剣を取り上げて天皇に奉献し、その神剣を御神体として古宮の地に奉斎したのが創祀 である。”などと記していた。


        
           正面の鳥居                    「早吸日女神社・由緒略記」


 と云うことで、「ビシャゴ姉妹岩」との関連は 大きく深い ことが判った。本殿までは、少しの道のりがありそうだ。ゆっくりお参りさせてもらおう。幾つかの説明板は「石鳥居」や「総門」などとあり、それぞれ「大分県指定有形文化財」などと記しており、見上げながら納得し、豪華な総門をくぐる。

 氷の張った池にビックリしながら参道の太鼓橋を渡る。かなり寒い。ここにも「神明社」が祀られており、なぜか「大亀碑」も置かれていた。 あたりには、合祀された神社も多く、お参りしながら進むと朱色の「神楽殿」があり、カーブした前方に厳かな本殿が祀られていました。


        
             太鼓橋を渡る                      神楽殿



              
                     早吸日女神社本殿(クリックで拡大)


 参道の奥まった位置にあり、静かな森に囲まれた本殿は、なお一層・荘厳な雰囲気となっていました。御神体の神剣は判らなかったが、先の「ビシャゴ姉妹岩」の事に想いを廻らせながら、静かに手を合わせました。


今日の花たち

       
          ノジギク            アシズリノジギク?





   HOME