HOME


 一生に一度のチャンス                   2019 10 1 日(火)くもり
  大分スポーツ公園の小ピーク(標高:130m)
                下山後 う―たの里


 10月2日から、ラグビーワールドカップ2019の試合が大分で開催される。“4年に一度ではない、一生に一度のチャンス”と云うことで、何とも気になる出来事。 試合会場となる大分スポーツ公園・総合競技場は、J1・大分トリニータのホームグラウンド「昭和電工ドーム」で行われる。


 前日の様子はどうだろうか、近くで雰囲気を感じてみよう。で、10月1日、大分スポーツ公園へ向かった。 Web情報などをチェックしてみると、スポーツ公園の一角には標高130mの小ピークがあり、高い展望台があるらしい。


 スポーツ公園が近づいてくると、案内板や幟旗など多くなり、「いよいよ、この場所で!」という実感を覚える。そして目的地に到着。そこは、『昭和電工ドーム』直近の駐車場だった。


             
                        すぐ近くに、総合競技場


 駐車場の眼前には目指す展望台が聳えており、手招いているようにも見える。「行ってみよう」 歩き始めの標高は、105m付近。 登山道?(散歩道)は舗装されているようだが車両止めの柵があり、ゆるやかな上り坂から始まる。


         
             展望台入口                      位置図(クリックで拡大)


 2分ほどで丁字路となり、上方へは右上へ進む。斜度が増し始めるが距離は短い。 大きく左カーブを曲がると「お~、高い~」で、標高130mの小ピーク頂上・展望台の基部に到着。

 見上げるほどの高さがあり、屋根のテッペンは27m、展望階となる4階の高さは地上15m付近と云うことらしい。エレベーターがあるが、今は故障しており、使用禁止となっていた。


        
            ゆるやかな上り坂                    展望台の基部


 ジグザグの階段があり、登っていくに従い目線の高さと共に展望景色が広がっていくのがうれしい。「よいしょ」で、最後の階段を踏みあがると「ジャ、ジャ~ン」眼下に、『昭和電工ドーム』など、ラグビーワールドカップの会場が展開されていた。「これが見たかった」

 さて、明日10月2日。ラグビーワールドカップ2019の大分開幕戦『ニュージーランド カナダ』戦のキックオフは午後7時15分。「どっちも、がんばって~」


        
          ジグザグ階段を登り                     展望フロア―


             
                 ラグビーワールドカップ2019の会場(クリックで拡大)


 展望フロアは標高145mほどの高さとなり、360度の大展望が広がっていた。軒下には展望説明板が掲げられており、目線と合わせながら景色を楽しめるのがいい。しかしながら、あいにくの曇り空のためシーイングは悪く、南西の本宮山や霊山。北西に高崎山や大分市街地などが認識できる程度だった。


        
         南西に本宮山や霊山                 北西に高崎山や大分市街地



 この後、近場の散策地・高尾山自然公園に寄ってみたが、その駐車場入口はコーンポスト等で閉鎖され『ラグビーワールドカップで・・・使用禁止』の表示板が掲げられていた。残念! スケジュールの最後は、もしかして、フジバカマとアサギマダラに逢えるかも。で、『う―たの里』へ。



フジバカマが咲き始めた
 うーたの里


 入口付近には、まだヒガンバナも咲いており、ちょっと早すぎたかな??で、歩き始めたら「おっ、咲いてる!」早速と云うように、暗紫色のフジバカマが迎えてくれた。しかし、アサギマダラの姿は見えなかった。「アサギマダラさ~ん、甘~いフジバカマが咲き始めましたよ~」


        
          『う―たの里』入口                    フジバカマ


        
           ヒヨドリバナ                 ハンゲショウのエリア(刈り取った後)



 フジバカマは咲き始めたばかりだったので、秋本番ともなれば、あのかわいい渡り蝶・アサギマダラも飛来してくることでしょう。


うーたの里で出逢った花たち

        
        ヒガンバナ             ミゾカクシ              ミソハギ


      
         フジバカマ            ヒヨドリバナ




   HOME