HOME
                    2018 6 12 日(火)曇りのち晴れ

アジサイの宝八幡宮船岡山

大分県九重町、玖珠町)

 梅雨らしい天気が続いており庭のアジサイもきれいに咲きそろってきた。そうだ、アジサイで有名な宝八幡に行ってみよう。近くには気になる山、船岡山もあり、梅雨の中休みに誘われるようにして九重町に向かった。



 宝八幡宮は宝山のふもとにあり、これまで4回ほどお参りしているが、アジサイをお目当てに訪れるのは初めてのこと。

 竜門の滝への案内に従いながら県道409号線を行くと、左側に大きな赤い鳥居が現れる。「ここだ」左折して鳥居をくぐり、『宝八幡宮』への案内に従って狭い道を上っていくと、まわりにはアジサイの花が目立ち始める。「さすがアジサイの名所」期待が膨らむ。

 案内標識に誘われながら上り詰めると、宝八幡宮の第2駐車場に到着。「わ〜、きれい!」「でも、ちょっと早かったかな」と言う感じだが、ゆっくり散策みよう。



第2駐車場から歩き始める



登り詰め、左へいくと本殿



狛犬に迎えられて本殿前



本殿とアジサイ



妙見宮の鳥居



  


境内には、約8千〜1万株のアジサイが植栽され、6月中旬から7月下旬まで楽しめ、見頃となる7月の第1土曜日には、毎年「宝八幡宮あじさい祭り」が開催されている。



 今回は、日当たり斜面で、きれいに咲いていたところを主体に写したが、全体を見れば三分咲き?程度だったかな。林内の日陰エリアは、これからと言う感じでした。



 船岡山
389.7m)             2018 6 12 日(火)曇りのち晴れ

 (大分の山1077)大分県玖珠町


 宝八幡宮から、玖珠川を挟んで、すぐの西側にその船岡山がある。 いつものことだが、玖珠町の国道210号線で伐株山の麓に差し掛かるあたりで『船岡山公園・船岡神社参拝口』の看板が目に飛び込んでくる。気になりながら調べてみると、三角点があり『大分の山 1077』にも数えられている山。いつかは登ってみよう。で、数年が経っていた。


 ようやく、そのチャンスが訪れた。 宝八幡宮から玖珠川を渡って国道210号線に入り、上長野交差点に到着。「ん、例の船岡山入口の看板は?」・・。いつのまにか、撤去?されたのだろうか・・・。場所は間違いない。

 左折し、上方の小高い丘を目指して上っていくと、約500m後、『新宮八幡』の額が掲げられた 石の鳥居前に到着。右側(南西)には、あの切株山が大きく迫っていた。


        
             船岡山                         伐株山


「さて、駐車場は?」鳥居をくぐった右側に、説明板と略図があり、駐車場のことも記していた。で、鳥居とコーポの間にある細道を経て、鋭角右に進むと広い駐車場に到着。そこには天満宮があり本殿の横だった。「せっかくだから、鳥居から出直そう」で、車で来た道を戻り、鳥居をくぐったところから歩き始める。


        
             船岡神社・鳥居                  説明板・案内図(クリックで拡大)


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     鳥居 船岡神社 伊勢社 船岡山 鳥居 周回 : 約 30

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 改めて、説明文や案内図に目を通し、掃き清められたコンクリートの参道を歩き始める。「ようこそ、船岡神社へ」の小標識もうれしい。ご神木のような高い杉木立の中、直線的な石段を登っていく。一対の灯籠や狛犬に挨拶しながら辿って行くと、木の香も新しい、本殿前に到着。先ずは、お参りしておこう。

 正しくは拝殿のことだが、改築落成記念の写真が掲げられており、平成29年10月となっていた。真新しい木の香りが気持ちいい。


        
                 石段を登って                      船岡神社


 案内図のように右に進み、社務所の背後に回り込んでみると、「これかな?」と言うような踏み跡が現れた。「あっ、草刈している!」で、登り始めたが、登山道は刈払われた雑草に覆われており妙に歩きにくい。もしかしたら、昨日までの雨で、草刈り作業は途中だったのかもしれない。


        
           社務所の裏に登山道                 片側だけ?草刈している


 全体の距離は短いので焦ることはない。歩きやすいところを選ぶようにして、上方を目指していくと、ポンと言う感じで尾根筋に飛び出した。 眼前の一歩上方は伊勢社跡と思われる場所だが、「??」深い雑草に覆われており、踏み入れることはできなかった。


        
        歩きやすいところを登り               尾根筋に出た 眼前は伊勢社跡?


 左に向きを変え約1分後、弱い鞍部を経て小高い坂道に取り付く。「この上だろう」で、踏みあがると、小広場の一角に白い三角点標柱が現れ、船岡山の頂上に到着。三等三角点(船岡山:389.7m)。11時20分。登山口の鳥居から、ロスタイムしながら約15分。

 頂上には、石塔のような祠が立っていたと思われるが、無残にも倒れていた。(下山後、近所の人と出会い、話を聞いてみたら、先の熊本大分地震(平成28年4月)で倒壊したとのことでした) 樹林帯に囲まれ、頂上からの展望は得られない。


        
          小高い坂道を登って                船岡山頂上(倒壊した祠)


 下山は北側へと回り込み、幅広く整備された遊歩道をゆるやかに下り始める。 「こっちが本道?、」登りのコースより、ずいぶん歩きやすい道となっている。

 途中に細道が分岐しており、辿っていくと尾根脇の肩に飛び出し、絶好のビューポイントとなっていた。玖珠町が広く見渡せ、角埋山や大岩扇山・小岩扇山、先ほどの宝山などがパノラマのように望める。


        
         幅広く整備された遊歩道                 絶好のビューポイント


        
                    角埋山や大岩扇山・小岩扇山、宝山など


 幅広い道をさらに下っていくと、突然樹林帯を抜け、本殿横の駐車場入口の一角に飛び出した。と言うことで、船岡山のミニ周回はゴールとなった。


        
         幅広い道をさらに下って                 駐車場入口に下山


 頂上からの下りは、ビューポイントでの展望タイムなども含み約10分。ぐるっと周回コースは、ゆったりタイムで30分弱。登山と言うような山ではなかったが、由緒ある神社と知らない山道、ワクワクしながら、楽しんできました。


 下山後、説明板に記載されていた『郷割石』の存在を国道210号線、大隈交差点までのコースで探してみたが、判然としなかった。


 今日の花たち

        
        ダイサンボク            ヤマボウシ            マタタビ



HOME