雨乞岳-2(2006.04.22)

  雨乞岳1074m),黒岩山1106m) 2002 10 26 日(土) 曇り 
   (大分百山:26)由布岳の南にある山群 

                ゲート前 〜(林道30分)登山口〜(30分)雨乞岳〜(20分)黒岩山
                                    〜(別コース40分)ゲート前 :行程  2時間 50


 明け方、10月下旬にしては珍しい雷雨があり、山行きが懸念されたが、次第に治まってきた。近距離な
ので出発はゆっくりもいい。


 由布岳登山口の西側(湯布院寄り)から、雨乞林道に入り、約5km行くと、林道は終点となり、ゲートの
ところが登山口。そばに車を停めて入山。10時ちょっと前。雨は上がったが、まだ、様子は良くない。

ートの脇から入り、舗装された林道をしばらく上る。



                       
                    雨乞岳(庄内の国道から)


 道脇の植物もあまり秋を感じるものもない。舗装された林道を淡々と高度を上げていくと、登山口の標識
があり、改めて入山。ここまで約30分。杉植林の中に入り、ゆるやかな登り、今朝の雨で足元は悪いが、
まあまあ歩き易い。15分ほどで、鞍部に着き左の尾根に進む。カラマツ林の林床は木いちごのトゲで歩き
にくい。ひとつピークを越え、ススキを掻き分けて、雨乞岳の頂上。11時ちょうど。山に取り付いて30
分ほど。
 雲と樹木でまわりの景色は望めない。昔人の雨乞い行事跡なども見当たらず。これが雨乞
か。



              
            林道の登山口                  雨乞岳の頂上


 雨乞岳で、ちょっと休んで、先ほどの鞍部まで引き返し、そこから尾根をまっすぐに黒岩山に向かう。
手入れの悪い杉林を登りながら、独身時代に登って、まだ、草原の山だったころの様子を思い出す。尾根筋
の荒れたコースをたどり、黒岩山頂上に、11時40分到着。雨乞岳から20分ほどの距離。


 昔はハゲ山で、大変眺望がよかったが、今は樹林の中でさっぱり(天気も悪いけど)。お腹がすいた、ゆ
っくり昼休み。



              
           雨乞と黒岩の鞍部                 黒岩山の頂上


 帰りは、鞍部に戻らず、ゲート近くへ降りるであろうトラバースコースを一気に下る。しばらくは急勾配
の下りだが、手ごろな木があり、サポートできるので助かる。坂がゆるやかになると、少しの歩きで林道に
出た。林道を歩いてゲートに帰着。12時50分。合計、2時間50分で2山。天気が良くなかったことも
あるが、鬱陶しい山だった。



 2回目の登山記はこちら ⇒ 雨乞岳-2(2006.04.22)
                                                     へ もどる