小鹿山-2(2005.09.11)

   小鹿山728m 2002 4 6 日(土) 曇り             
    (大分百山:23別府市の鶴見岳南側にある円錐形の山

               小鹿少年自然の家・登山口〜(防火帯コース 35分)小鹿山
                            〜(樹林帯コース 20分)登山口  : 行程 1時間ちょうど



 午後から雨の予報が出ている。近場で簡単なコースを探して、別府の小鹿山に登った。 志高湖奥の道
から、案内標に従って少年自然の家「おじか」についた。ドンヨリと曇っている。



                    
                    小鹿山



「雨具はどうしようか、距離は短いので・・」「寒さ避けにも、着ていこう」。施設の横を通って入山。
防火帯に切り分けられた草地の斜面を一直線に登っていく。見た目より勾配はきつい。「ヨイショ、よい
しょ」で、登っていき、 勾配がゆるやかになって自然林に入り、ほどなく頂上。あっけない。30分を
ちょっと超えたかな。
三角点の周りには頂上標柱がたくさんあって、横に無線中継所もある。樹木がある
ので展望は得られない。



           
        防火帯の斜面を登る                小鹿山の頂上



 くだりは、往路の途中から右の樹林コースに入り、迂回しながら元の登山口に着いた。研修用に使ってい
るコースだろうから、上りも下りもはっきりしていて、迷うことはない。ぐるっとで1時間。雨は帰りの
車で降り始めた。



 2回目の登山記はこちら ⇒ 小鹿山-2(2005.09.11)
                                               トップページへ