HOME

  祖母山1756.4m27回目          2014 10 24 日(金)快晴

  (九州百名山)宮崎県高千穂町  北谷登山口から風穴コース往復 紅葉探勝


       北谷・登山口 〜(20+1時間30分)風穴 〜(2時間)祖母山 : 往復

       往復:歩行距離 6.0km,累積標高差 ±670m,行動時間 6 時間 20


 気持ちのいい秋晴れが続いている。10月も下旬になり、山間部の最低気温も10℃を下回るようになってきた。「祖母山の紅葉を見に行こう」で、北谷登山口から風穴コースを計画した。

 カーラジオは「この秋一番の冷え込み」などと、報じていた。昨日は24節季のひとつ『霜降』を迎えており、いよいよ紅葉シーズンの始まりだ。期待しよう。


 竹田市から県道8号線を走り、熊本県の入口にさしかかると『全面通行止』の標識が出ていた?。気にしながら行くと、永野集落付近で舗装工事中(10月20日〜24日)だった。一瞬、戸惑ったが、始業前だったので、そのまま通ることができた。「ホッ」。 高千穂町に入り、五ヶ所小学校の横に『祖母山登山口』の標識が現れる。ここを左折し、案内標に従いながら進めばいい。


           
         登山道の途中から祖母山(クリックで拡大)             登山コース(クリックで拡大)


 集落の細道を経て林道に入り、カーブしながら上がって行くと、目指す祖母山の一角が見えてくる。「わ〜、きれい〜」山装うというように、山肌は紅葉で飾られている。「今から行きますよ〜」。先の県道分岐から約7km後、北谷登山口に到着。駐車場には5〜6台の車が停まっていた。標高1100m付近。

「お〜、涼しい」手持ちの温度計は8℃。気の引き締まる冷たさだが、快晴無風の天気となっており、日中は気温も上がってくるだろう。せせらぎの音を聞きながら支度を整える。

 左上は『千間平コース』だが、『風穴コース』は直進して、林道をゆるやかに登り始める。8時10分。 「紅葉は、どうかな」。何かを期待するかのように、登り始めのワクワク感がたまらない。27回目になる祖母山だが、登り始めは、いつも新鮮な気分に置き換わっている。 数分ほどで『風穴コース』の標柱が現れ、下り気味に植林の森へ入っていく。


         
             北谷登山口                     林道から森に入る


 植林の森をゆるやかに下って行くと、ほどなく沢が現れた。「わ〜、水が多い!。渉れるかな?」 去年は、ここで引き返し『千間平コース』に変更したが、「どうしよう?・・」、思案タイム。「靴を脱いで渉ろう」しっかりしたロープも張られており、バランスを取りながら、渉れば大丈夫だろう。意を決し、素足で渡ることにした。水は冷たかった。思案タイムや靴の脱着で、20分ほどのロスタイム。

 さらに数分で2つ目の沢が現れ、少し遡上するように進んで右に渉ると、フラット気味の道に変わってくる。あたりは、背の高い植林帯に覆われており、沢音だけしか聞こえない。「あ!、いいぞ〜」高い梢に朝日が射しはじめ、紅葉の様子も浮かび上がってきた。穏やかで明るい雰囲気はとても気持ちがいい。「いいなぁ〜」。祖母山麓の雰囲気を満喫しながら、急ぐこともなく辿っていく。


              
             最初の沢は素足で渉る               高い梢は紅葉の気配


「わっ、シカ!」立派な角を持った雄シカ。目と目があったが、白いシッポを見せながら、ゆうゆうと遠退いて行った。「ごめん」森の友達を驚かしたようだ。 やがて3回目の徒渉が現れ、岩の横から巻きながら水流を横切る。

「よっしゃ、これからだ」。沢を渉った直後に、左上への標識が現れた。ここは、いつも気分をギアチェンジする所。植林帯に入り、次第に斜度が増し始めてくる。


         
            3回目の徒渉                      左上へ


 丸太階段などで整備されているが、いつも湿り気味で、複雑にえぐれた表土に滑りながら登って行く。「よいしょ、ヨイショ」小刻みなジグザグも切りながら、高度を稼いでいく。「ふ〜」やはり、汗が噴き出してきた。登り始めて、最初のきつさを感じるところ。

 しかし急坂も長くは続かず、少しずつ左にトラバースしながら、斜度もゆるんでくる。 やがてスズタケに覆われるようになり、我慢しながら登って行くと、岩のある沢に飛び出した。「よっしゃ、休もう」広がりのある水場は、登山道のオアシスと言う感じのところ。いつものように、喉を潤しながら、ひとやすみ。

「変わってないようだ」ここからは沢筋の上り坂になってくる。先ずは濡れた大岩があり、足場を確保しながらロープで這い上がる。続いて、小滝横の岩場が現れ、靴底を濡らしながら、ロープ片手に踏み上がって行く。


         
            岩場をクリアし                   滝横を登って行く


 さらに濡れた岩段差を踏み上がって行くと、はっきりとした沢筋となり、少しの水流を右や左に踏み越えながら登って行く。 やがて水流が見えなくなり、ごろ石の多い涸れ沢に変わってきた。「よいしょ、ドッコイショ」両側にスズタケも現れ、さらに斜度が増してきた。ここは、我慢ときつさの上り坂。「ふ〜、暑い〜」衣類を調整しながらひと休み。

「もう少しだ」ガレ沢は源頭の様子になり、コースは右へ巻きながら、崖気味の急坂に変わってきた。木の根っこに縋りながら足場を探し、「せ〜の」で、勢いをつけて踏みあがる。「ホッ」ひと呼吸。

 コースはフラット気味になり、急に楽になってくる。スズタケに囲まれ、周りの景色は見えないが、手足をリラックスさせながら辿って行く。「あっ、紅葉!」。高い梢に色づきが見られ、期待が膨らんでくる。


             
               沢筋を登り                 フラット面で紅葉


「わ〜、きれい!」梢の紅葉はさらに色を増し、足を止められる場面も多くなってきた。「いいぞ、いいぞ」期待通りの様相に、気分も足も心地よい。 登山道は次第に左向きになり、斜度を感じる上り坂になってきた。

「あ、風穴だ!」。大きな倒木を跨ぐと、左前方にアルミバシゴが現れ、コース拠点の風穴に到着。高い岩場をアルミバシゴで上ると、右下に風穴があり、暗い洞窟は冷気に包まれていた。標高1410m付近。10時ちょっと前。登山口から、ロスタイムなども含み約1時間50分。


             
       きれいな紅葉(クリックで拡大)          最初のハシゴを上がって、背後は風穴


 続くアルミバシゴを踏み上がり、風穴の横を巻き上がって行くと、目線は紅葉の上に飛び出す。「お〜」今日、初めての展望景色が現れ、気分も雰囲気も大きく変わってくる。南東方向の景色が望め、天狗岩や烏帽子岩、障子岳に続く尾根筋あたりだ。

 目線をコースに戻すと、急激な上り坂が迫っていた。「いよいよだ」。険しい登りが始まる。いつものように、岩や根っこ段差をクリアしながら巻き上がると、左側に、ドキッとするような紅葉景色が現れた。さらに高い岩崖と紅葉も。「すばらしい〜」せっかくのビューポイント、足を止めて見るのもいいだろう。


         
           風穴横を巻き上がると                 紅葉と障子岳など


         
                      紅葉景色が次々と(クリックで拡大)


 コース変化も複雑になり、岩場を越え、あるいは横にトラバースしたりして登って行く。このあたり、緊張した気分が続くが、まわりは紅葉景色に包まれており、癒されながら登っている。風穴コースらしく、次々と変わる景色やコースの変化もおもしろい。

 左に曲がり始めると、斜度も収まりながら小尾根に上がり着き、またまた紅葉景色のオンパレード。標高1500m付近。背後のピークは黒岳かな。


         
            紅葉を見ながら                     岩場を越え


         
           小尾根に上がった                  きれいだ〜(クリックで拡大)


 ホッとするのも束の間、すぐにスズタケのコースが始まる。 幅広く伐り払われているが、背丈を越える高さに覆われるようになり、せっかくの紅葉景色も見えなくなってしまった。「あ、上を見ればいい」。

 一旦は、切り開きのフラット面に出るが、再びスズタケ帯に入ると、さらに斜度が増し、我慢の上り坂に変わってくる。「ヨイショ!」足の届かない段差に苦笑しながら、スズタケをわしづかみにして這い上がる。


         
           スズタケの上り坂                 ちょっと間、フラット面に出る


「よっしゃ、尾根に出た」ようやくといった感じでスズタケを抜け、少しの急坂を登って尾根筋に上がってきた。「お〜、すごい〜」。右脇に露岩があり、横から半身を出すと大展望が得られ、左上には祖母山の頂上部が見える。ヤッホ〜という感じだ。標高1600m付近。額の汗を拭きながらひと休み。祖母山の南裾は、少しずつ高度を落としながら障子岳や古祖母へと続いている。


         
        尾根に上がって1600m付近             祖母山の頂上部(クリックで拡大)


 尾根筋から左脇に進み、トラバースしながら小刻みな段差をアップダウンしていく。景色の中に紅葉も織り込まれているが、色が弱くなってきた。まわりはブナが主体となり、褐色系の葉も散りはじめているようだ。紅葉エリアを抜け上がってきたのだろう。

 コースは左向きになり、斜面のトラバースに変わると、再びと云う感じでスズタケも濃密になってきた。足元が見えにくいが、アップダウンをゆっくり行けば大丈夫。やがて岩場のハシゴが現れた。

 カタン、カタンと踏み上がり、さらにドキッとするような岩間のロープ場が現れた。「う〜ん・・」足の長い人でも難儀しそうな段差となっており、ロープを握って「よいしょ」。勢いをつけて乗り上がって行く。危険ではないが、握力と腕力、プラス勇気も使うところ。


         
           岩場のハシゴを登り                   岩間をクリア


 そのまま、斜面の急坂に繋がって行き、湿った岩場など、ロープや木の根っこにつかまりながら、「よいしょ、ヨイショ」で登って行く。風穴コースでは、このあたりが、いちばんの難所かもしれない。踏み跡は、複雑に乱れてくるが、これまでの経験から右寄りを進めば良さそうだ。無理に力まず、コース変化を楽しみながら登って行けばいい。

 やがて、前衛峰のような小ピークに上がりつき、ホッと一息ポイント。「お〜!」。右側に露岩があり、南側の大展望が得られる。標高1670m付近。高さ的には、千間平コースの九合目小屋付近だろう。すぐの左側は、頂上部の岩塊斜面が迫っている。

 岩塊斜面は、南側に高度を落としながら天狗岩や古祖母へと続き、稜線のアップダウンも見事だ。そのまま西側に目線を移せば、五ケ所高原や阿蘇五岳なども望める。


         
          古祖母へ続く縦走路(クリックで拡大)                       露岩で大展望


 左に進み、トラバース気味に抜け上がると、右上方に頂上部が覆いかぶさるように迫ってきた。ごつごつとした岩崖がせり上がり、これぞ祖母山というように、厳しい一面を見せている。

 迫りくる頂上を仰ぎながら鞍部を進み、左側面から最後の急坂にかかり始める。濡れた岩もあり、ロープや小幹を握り返しながら、岩段差、根っこ段差をクリアしていく。葉の落ちた樹林帯から、ぐんぐんと展望も開け始める。「あ、阿蘇の噴煙!」いつもより、大きく揚がっているようだが、まさか噴火では・・。


         
            前方に頂上部が迫ってきた                 もうすぐ頂上


「あっ、人の声!」頂上が近いと判れば、気分も足取りも軽く感じるのは、いつもの調子。ふ〜、と斜度がゆるみ、頂上の一角で主コースとも合わさった。 たくさんの人が居るようだ。

「こんにちは〜」で、祖母山の頂上に到着。五ヶ瀬町の生徒さん達が、昼食タイムなどでくつろいでいた。 「また登ってきました〜」頂上の祠に声をかけ、三角点柱にタッチして、27回目の頂上です。一等三角点(祖母山:1756.4m)。まもなく正午。北谷登山口から、ロスタイムなども含み、約3時間50分。


         
           風穴コースで、頂上の一角に                  祖母山頂上


 快晴無風の天気に恵まれ、360度の大展望は思いのまま。宮原から大障子岩へと続く障子尾根。画角の一角には傾山もくっきりと。古祖母へ繋がる縦走路も見応えがある。それぞれ、見下ろす位置から尾根が始まっており、紅葉・黄葉の模様は、見事な錦秋となっていた。

 阿蘇山は、依然として噴煙が揚がっているが、気にし過ぎだろう。くじゅう連山や由布鶴見は、淡いモヤに包まれながらも、肉眼ではよく見えている。


         
     大障子岩へ続く障子尾根、遠くに傾山(クリックで拡大)         古祖母や傾山に続く縦走路 (クリックで拡大) 


         
             西側に、阿蘇山・噴煙も                北側に、くじゅう連山


 頂上の景色に満足したら、下山は往路を戻る。 下りはじめの露岩で昼食タイム。大展望と錦秋の絨毯を見下ろしながら、祖母山ならではの雰囲気に満足満腹。

 険しい急坂はゆっくり丁寧に下り、滑ったり転んだりしないように。 またまた紅葉景色のエリアとなり、目も赤く染まってしまった。 やがて緑のエリアに戻り、無事に下山は14時30分。風穴コースの往復は、ロスタイムや昼食タイム等を含み、約6時間20分。


 風穴コースは、険しい急坂が続くが、変化を楽しみながら登ることができるコースだろう。高度変化も直接感じながら登って行くので、今回のように紅葉を楽しむには最適のコースともいえるようだ。その紅葉エリアは、今、1300mから1600m付近と思われる。今日は、素晴らしい紅葉景色に出逢い大満足の一日でした。帰路の県道8号線は、工事中と云うことで、迂回コースは、ずいぶん遠回りとなった。


 今日の紅葉 (クリックで拡大)

     
    


 今日の花たち(祖母山系)

     
    
        ムラサキセンブリ         ムラサキセンブリ          リンドウ


HOME