HOME
                                  2019 6 28 日(金)雨
 石仏の里の古代ハス
  
臼杵石仏・満月寺境内のハス
(大分県臼杵市深田)



 ハスは、梅雨の雨が似合う花。「臼杵石仏の、古代ハス、もう咲き始めてないだろうか」。大分もようやく6月26日 梅雨入りとなったが、そのまま梅雨本番となり強い雨が断続的に降っている。今日、6月28日は、『虎が涙雨』ともいい、雨の特異日でもあるらしい。


 ワイパーを高速にしたりして、「国宝・臼杵石仏」に到着。その先、『ハス畑』への案内標識があり、従いながら200mほど奥にある駐車場に停める。



「ん、まだ早かったか?」広〜いハス畑一面には勢いのいい緑の葉が茂り、中ほどにポツンポツンと、赤い花がみえる程度だった。で、歩き始めたものの、遊歩道は補修工事中だった。どうやら、シーズン直前・本番前の補修工事と云うことだろう。


 道路と川を挟んだ向かい側に満月寺があり、その境内にはきれいなハスの花が見える。「行ってみよう」車はそのままにして、深田川に架かる満月寺橋を渡っていく。「こんにちは〜」。境内の入口に茶店?があり、ここに咲いているのも「古代ハスですよ」と。

 満月寺の正面に回り込むと、雨に打たれている一対の仁王像が置かれていた。近くに説明板『満月寺の遺構と石造物』があり『特別史跡・木原石仏』や『国指定重要文化財・宝篋印塔(日吉塔)』などが表記されていた。歴史探訪ではないが、国宝臼杵石仏の守護寺と云うことで、興味の湧く境内散策です。


わ〜、きれい、きれい。咲き始めたばっかりだ!」。鮮やかなピンクの大輪が、次々と笑顔で迎えてくれた。大部分を占める大きなピンクのハスは“大賀蓮”でしょう。真っ白いのは“沙羅”濃い赤色は“赤心”かな・・・など、など。



     
                       大賀蓮



          
               背後は国宝臼杵石仏守護寺・満月寺



          
                         境内の蓮池



          
                        国指定需要文化財・宝篋印塔



     
                          白い花は 沙羅?



     
                     濃い赤色は 赤心?かな



 広いハス畑の花は、わずか数輪だったが、ここ、満月寺の境内では開花が進み、きれいな大輪の数々に満足する事ができました。

 雨の降りしきる中、『国指定重要文化財・宝篋印塔』を背景に、古代ハスが似合う石仏の里散策でした。 なお、“第7回 石仏の里・蓮まつり”は、2019年7月7日(日)から7月28日(日)に行われるようです。 気になっていた熱低は台風3号となって、東海から関東沖へと遠ざかって行った。




   HOME