HOME

  中秋の 志高湖神楽女湖

   撮影地:大分県別府市          2018年10月13日(土)秋晴れ


 台風25号が足早に吹き抜けた後、大分地方は急激に気温が下がり、朝晩には寒さも感じる季節となってきた。今朝も放射冷却の朝を迎え、ブルっとするような寒さとなり、澄み渡った空を見上げる。近場でも、紅葉が始まっているかもしれない。 ぶらり、別府市の志高湖に向かった。

「わ〜、紅葉してる!」期待通り、湖畔は色づき始めていた。キャンプ場もにぎわっており、秋本番の志高湖となっている。また、明日10月14日(日)は、『第31回 別府湯けむり健康マラソン大会』が行われるらしく、周辺では準備に追われているようでした。



色づき始めた湖畔



湖畔の紅葉

 

湖畔のケヤキ

 

秋色の志高湖と由布岳


 神楽女湖

 せっかくだから、近場の神楽女湖にも寄ってみよう。花菖蒲で有名な所だが、紅葉の季節はどうなっているだろうか。

 ゲートを踏み入れた途端、「ん、菖蒲の冬支度?」予期せぬ光景に足が止まった。葉の色は弱くなっているが、葉の上部がしばられている? 帰宅後調べてみると、(強風で傷みそうになる時、あるいは、傷んだ葉を保護する)ためらしい。

 いつものように、東屋風の中桟橋まで散策していたら「あっ、初カモ!」10羽ほどのカモが頭上を飛び、奥まった湖面に着水した。北風に乗って、たった今飛来したのかもしれない。このあたりの紅葉は弱いが、生物風物詩・渡り鳥と出会った。



花菖蒲は冬支度?

 

湖面に映る由布・鶴見岳
湖面の一角では10羽ほどのカモが遊んでいた





   HOME