HOME
                             2017 7 5 日(水)曇・小雨
 石仏の里の古代ハス
  
国宝・臼杵石仏の蓮畑
(大分県臼杵市深田)



今年も“石仏の里にきれいなハスが咲き始めた”との情報を得た。7月4日、台風3号は突然大分にやってきた。が、それほどの被害もなく足早に通り過ぎて行った。翌5日、雨の止むのを待って臼杵石仏に向かった。

国宝の臼杵石仏と云うことでアクセスは問題ない。 石仏の里に着くと“ハス畑”への案内標識があり、奥まった所定の駐車場に到着。



「わ〜、きれい。いっぱい咲いている!!」。鮮やかなピンクの大輪が、次々と笑顔でお出迎えしてくれた。飼われているアイガモが「ガア、ガア」と囃し立て、よちよち歩きのしぐさも笑いを誘っている。

ハス畑の中ほどには大きな説明板“臼杵石仏ハス畑について”があり、ボランティアや地区の協力、さらに5種類の花などについて表記されている。 それによると、大部分を占める大きなピンクのハスは“大賀蓮”と思われる。2000年の眠りから覚めた古代ハスであり、石仏の里にふさわしい花という感じがしてきます。その“大賀蓮”に紛れながらも、真っ白な“沙羅”真っ赤な“赤心”ちょっぴり小ぶりな“酔妃蓮”などが、それらしく自己主張をしていました。



    
     
                     石仏・ハス畑


     
                  石仏・ハス畑


     
                  ハス畑と大日如来像のある古薗石仏


     
                       ハスの花


なお、“第5回 石仏の里・蓮まつり”は、2017年7月9日(日)から7月30日(日)に行われるようです。


「ん、雨?」。パラパラと、大粒の雨が降り始めた。「帰ろう、帰ろう!」。 午後遅くから本降りの雷雨となり、恐怖感を覚えるような雨脚となってきた。そして、大分県も大雨特別警報へ。 ・・6日、朝になっても大雨特別警報は続いている。

6日午後2時10分、福岡県と大分県に出されていた「大雨特別警報」はすべて解除された。が・・朝倉市や日田市が気になります。



   HOME