HOME
                             2017 5 7 日(日)晴れ・黄砂
 立夏・初夏の花たち
  
岡藩主おたまや公園と英雄寺
 

 (大分県竹田市)



 5月5日は、二十四節気のひとつ立夏だった。 竹田市のおたまや公園には、“初夏の花”ショウブやスイレンが咲いているらしい。隣接の英雄寺のボタンも見逃せない。


 おたまや公園のショウブとスイレン

(説明文の概略)おたまや公園は、国指定史跡・岡藩主中川家墓所。菩提寺であった碧雲寺の墓地庭園を整備したもの。境内には 龍吟池を配し、初代秀成、二代久盛・・・十一代久教の墓塔が安置されている。


「わっ、きれい〜」いずれアヤメかカキツバタ。池のほとりを縁取るように点々と濃い紫の花、湖面いっぱいには白いスイレンの花が咲いている。初夏の日差しに、まぶしいように映えていた。


     
                    おたまや公園・龍吟池


     
                 おたまや公園・龍吟池のスイレン


  
          アヤメ             キショウブ           カキツバタ


 英雄寺のボタン

(説明文の概略)英雄寺は、二代藩主・中川久盛が祖父佐久間玄審の菩提を弔うため建立した寺。鐘楼門は竹田市指定有形文化財。『朝鮮ボタン』は、文禄の役の際に出兵した中川秀成公は兄秀政公戦死の・・・記念として持ち帰り、城内に移植・・・英雄寺建立の際寺内に移植し、藩公自ら戦没者の霊を弔う。


「遅かったかぁ」やはり、花の盛りは過ぎていた。毎年、4月20日に花まつりが行われるらしい。が、よく見ると、ポツン、ポツンと咲き誇っており、ツボミもまだ残っていた。


     
                      英雄寺・朝鮮ボタン


     
         ボタン             ボタン             ボタン



 竹田市郊外の エビネ


 竹田まで来たのなら、いつものエビネの様子を見てみよう。 で、竹田市郊外の山林に寄ってみた。「や〜、また来ましたよ〜」。「お〜、咲いてる、咲いてる」。明るい林床にたくさん咲いていました。


     
                      エビネの群生


     
           エビネ             エビネ             エビネ



   HOME