HOME

 神原渓谷大橋         2016 9 3 日(土)くもり

  大分県竹田市


 台風12号が東シナ海を北上しはじめ、ときおり小雨のパラつく天気となっている。どこに出かけるでもなく道路地図をめくっていたら、“奥豊後グリーンロード”の文字が、目に飛び込んできた。

 部分的には何度か通ったことのある道だが、端から端まで行ってみよう。起点は犬飼ICのすぐ横。快適な2車線道路は初秋の景色を車窓に映し、一路南下していく。千歳や緒方を縦横にカーブしながら、気がつけば竹田市の一角を走っていた。「あっ、神原渓谷大橋!」。祖母山などに向かうとき、いつも下から見上げながら通る神原渓谷大橋だ。せっかくだから、降りてみることにしよう。



神原渓谷大橋



「お〜・・」下を見ると思わず後ずさり。神原渓谷が真下にあり、ゾクッとするほどの高度感を覚える。 橋上からの景色も素晴らしく、祖母山をはじめ、越敷・緩木山、周辺の山々も望める。 橋のたもとには、56本の幟旗(祖母傾山系をユネスコエコパークに)が立てられており、目下キャンペーン中と云うことのようです。



神原渓谷大橋





南西側に霊峰祖母山など



 下の県道から見てみよう。と、云うことで、『あ祖母学舎』の横から脇道に入り、ほどなく県道639号線に出た。

「え〜、これ県道??」。崖際の狭い道は、ヘアピンカーブを繰り返しながら下っていく。手に汗を握ると云うような場面だ。怖いけど、この道幅ではUターンもできない。ローギアにシフトし、ゆっくりゆっくり・・。「フ〜、こんなにひどい道とは思わなかった。やっとの思いで平地に降りつき、『姥嶽郵便局の横』に到着。いつもの県道に飛び出した。



神原渓谷に架かる神原渓谷大橋


「わ〜、スゴイ、すごい」。上から見ても、下から見ても、やはり見事な神原渓谷大橋でした。  帰りは、時おりワイパーを使う程度の雨にも出遭ったが、初秋の景色を楽しみながら、“奥豊後グリーンロード”ドライブは終わった。もう、ヒガンバナも咲いていましたよ。

 
ヒガンバナ
      




   HOME