HOME

        宇佐神宮 原始蓮         2016 6 24 日(金)

         撮影地 : 大分県宇佐市 (6月24日、午前8時30分ごろ)



         さて、『原始蓮』は、咲いているだろうか。 宇佐神宮の池には『原始蓮』が在るという。

         梅雨本番の大雨が続いているが、今日の午前中は ”くもり” の予報。 期待しながら出かけ

         たが、駐車場についても、まだ雨は降っていた。煙るような雨は、赤い大鳥居を濡らしている。


         「あっ、ここだ。咲いているかなぁ?」。 初沢池の横に『原始蓮』の説明板が立っていた。

         ドキドキしながら水面を見つめるが・・、花も葉っぱも見当たらない。 「なぜ、どうして」。 

         菱形池に行ってみよう。「わ〜っ、咲いてる!」 しかし、咲き終わりとツボミが点在している程度。

         思ったより少ない。 今年は、少ないのかもしれない。




菱形池



つぼみ?



菱形池



         原始蓮は、生駒山麓の湿地帯に昔から自生していると言われ、絶滅の危機を免れながら

         大阪府の天然記念物に指定された。 宇佐神宮には、昭和48年東大阪市の井上正治氏

         より、「初沢の池」に奉納された。 
〜 説明板の概略〜


         各地の池や休耕田などにも植えられているらしいが、ここ、厳かな 宇佐神宮にあってこそ

         という雰囲気を醸し出していました。




         宇佐神宮の池で 出逢った花

           
 
コウホネ

アサザ
 


HOME