HOME
 
 くじゅう山地 猪の瀬戸湿原              2015 6 27 日(土)雨霧

(トレッキングコース)大分県別府市 



 今日の天気は曇り、降水確率40%の予報となっていた。くじゅう付近の花散策ぐらいかな。いつものように、県道11号線・やまなみハイウェイを走り、飯田高原の一角に入っていく。「わっ、何も見えない」あたりは、濃い霧に覆われていた。

 空模様が気になるが、しばらくは大丈夫だろう。以前の花ポイントを思い出しながら、樹林帯の林道を登りはじめる。 「ヤヤッ、降ってきた」いくつかの花たちと出逢いながらも、全身はかなり濡れてしまった。諦めながら車に戻り、帰路に向かった。



猪の瀬戸湿原へ(散策コース)大分県別府市 

 湯布院の近くまで戻ってくると、雨は弱くなってきた。「せっかくだから、猪の瀬戸でも」。気分を変えながら、『猪の瀬戸』バス停付近の空き地に停める。支度をしていたら、また雨が強くなってきた。「ちょっとだけでも」。


         
            猪の瀬戸湿原                 猪の瀬戸湿原散策MAP(クリックで拡大)


 湿原へは、県道に架かった橋をくぐり、木道の小橋を渡って入って行く。霧雨の中、傘を差しての散策となったが、あたりには、だれも居ないようだ。「何か、顔を出しているかなぁ」景色や花を探しながら歩き始める。

 サクラソウを見ながら辿った2ヶ月前に比べ、夏草の背丈はずいぶん高くなっていた。緑に広がった湿原帯の中ほどで、黄色く目立つ花はハンカイソウだろう。木道は雨に濡れ、すべり気味になっていた。


         
         湿原の散策路(木道を行く)                 分岐の三差路


         
        由布岳方向(日向岳)(クリックで拡大)             鶴見岳方向(クリックで拡大)


 やがて分岐の三差路に到着。トレッキングコースの『散策路MAP』が立っているところ。「やっぱ、ここまでだ」足元も悪く、雨脚も強くなってきた。なんとなく、雨にいじめられた一日となった。


 明日は天気も良くなりそうなので、くじゅう路で出合った、九州オルレ(くじゅう・やまなみコース)を歩いてみよう。


 今日の花たち

         
            キツリフネ          ワニグチソウ(花後)        ミドリヨウラク


         
           ワタナベソウ           クモキリソウ           クモキリソウ


         
            ツチアケビ            ヒメユリ              カキラン


   HOME