HOME
(大分の山 1077)                     2021 2 1 日(月)晴れ
 城山(志賀城址) (202m)
  大分県豊後大野市朝地町


“JR豊肥線の車窓から「志賀城」と書いた看板が見える。”の書き出しで始まる、文章は、『奥豊後の山城物語(岡の里事業実行委員会)』に紹介されている、志賀城の冒頭に記されている。なんだか惹かれるものがあり、行ってみることにした。


 国道57号線沿いの「道の駅・あさじ」直前の交差点から南に向かい、ひとつの峠を越えると静かな山里、「朝地町志賀」集落に着きJR豊肥線の踏切を渡る。「アッ、あれだ!」本に書かれていた光景が眼前に現れた。


        
         「志賀城址」の看板                 「志賀城址」を目指して・・・


 あの看板を目指して登ればいいのだろうか、地形図を見ると高低差40mほどの丘陵地。「楽勝かな。」身支度を整え、下り気味の舗装路を歩き始める。 天気は下り坂らしいが、陽射しもありかなり暖かい。 気分よく、50mほど行ったところで民家の横に着いたが、「ん?」その先に、登山道は無くなった。

 まわりを見ると、右(西)側に丘陵地に向かう舗装路が見える。 このコースは一旦引き返し、集落の細道を100mほど西に行くと、その入口が現れた。取り付き点としておこう。


        
             西側・取り付き点                   登山コース(国土地理院の地形図を加工)

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    駐車地登山口)~ 西側入口 10分)虎口?と土塁
       ~(20分)途中の高台(櫓?)~(15分)城山(標高点)~ 下山へ

    行程 : 全距離 1.4km,高低差 約±40m,時間 1 時間 50
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 すぐに金網型の頑丈な防獣ゲートがあり、あと締めで東西に広がった田畑を、横切るようにして登り始める。どこにでもありそうな里景色だが、のどかな雰囲気がいい。 次第に斜度が増し、山際にかかるあたりで2回目の防獣ゲートを抜ける。イノシシが多いのだろうか? クマ鈴を鳴らそう。

 背後から踏切の警報音が鳴りはじめ、一両編成の黄色い列車が集落を通り抜けて行った。鉄道マニアとしては、うれしい光景。補水タイム。

 登山道は、樹林帯と笹竹の坂道を登って行くようになり、「おっ、ササを切っている」背丈ほどあったと思われる笹竹は、きれいに伐採されており難なく登って行ける。 次第に左右が狭くなってきたが、虎口?かもしれない。 そして、志賀城のある台地に上がり着いた。


        
           舗装路を登り                      右は土塁


西端の土塁

 左右に曲輪と思われる広場が見えており、左(東)は、主郭跡へのコース。 と云うことで、先ずは、西側を辿ってみよう。2段の小広場があり、西の端には背の高い土塁が南北に走っていた。資料(本)には、高さ3mほどの土塁となっており、なるほど納得。城跡探訪では満足感となった場面でもある。


        
          西側の小広場                     植林の奥に土塁


主郭エリア

「よっしゃ」次は主郭エリアを目指そう。 道は?・・・踏み跡は見つからないが、距離は短い。尾根筋を東に辿れば行けるだろう。

 勇気を出して踏み込んだものの、「うっ、うっ・・これはひどい」背丈を越える笹原となっており、10mほどで早くもギブアップ。 あと100m? ゆっくりでもいい、がんばってみよう。 地形図ではフラット気味に描かれており、曲輪跡だと思われるが、これは厳しい。


        
            踏み跡?                     ササ原に踏み込む


 ササ竹が疎らなところに回り込んで行ったら、イノシシの「ぬた場」だった。が、持ち主に?声をかけながら通り抜けていく。

 やがて小ピークが迫り、ササヤブの中に古い墓地などが点在していた。志賀城の関係者だろうか。回り込みながら小ピークに這い上がって行くと、石造物が散在していたが、これも墓地? 思わず手を合わせる。ひと休みしたら、あと少し!


        
             笹原は続く                       古い墓地



        
          小ピークに上がってみると                 石造物・墓地?


 朽ち気味の「椎茸・ほだ場」を過ぎると、再び濃い笹原となり悪戦苦闘が続く。方向も見失うようになるが、GPSに従いながら一歩一歩。


「このあたりだ!」標識など何もないが、202mの標高点、(大分の山1077)城山(志賀城址)に到着。「おっ、かわいいソウシチョウ(相思鳥)」目が合った。ササ竹の住人・現世のご城主さんとご対面。11時15分。峠の虎口から、わずか120mほどだが、休憩も含み35分を要した。

 まわりは濃い笹に囲まれ、展望どころではない。手袋していたが、野イバラなどのトゲが刺さり、顔はもう傷だらけ。でも、城山頂上・主郭に到着し、目的は達せられた。


        
          ササヤブは続く                    標高点・主郭付近


参考とさせてもらった『奥豊後の山城物語』によると“延応2年(1240)大友能直の八男・能郷が築城し志賀氏を名乗った。二代目、三代目と100年近く居城であったが、建久3年(1336)、三代目・貞朝が岡城に移ったので廃城となった。東西440m、南北150mの小高い丘。東は断崖、南は大野川、北西は堀を巡らしていた。現在、城跡は山林耕地墓地となっている。”などと記されていた。


あの巨大看板はどこに(下山コース)

 下から見えていた、あの大きな看板はどこにあるのだろうか。どうしても傍に行ってみたい。 主郭エリア付近で、その道に出合うと思っていたが、背丈を越える笹竹では見つける事ができなかった。仕方ないが、往路を戻って探してみよう。

 難儀した笹原を再び通らねばならないが、要領は心得ており、掻き分けてきた踏み跡は残っていた。 里に出る直前の防獣ゲートまで戻ってきた。「ん? これ行けそう!」防獣網に沿った細道があり、東側に延びている。

 その時、また踏切の警報音が鳴りはじめた。「よっしゃ!」 ほどなく、2両編成の赤い列車が現れてきた。いい雰囲気。撮り鉄の気分が納得できる場面。


        
           防獣網に沿った細道               里を走る2両編成の赤い列車(クリックで拡大) 


     
                 巨大看板の横

   
 気を良くしながら歩き始めたが、山斜面に延びたコースは歩き難い。なんとしても・・さらに東に向かうと「あった~」。通れる道では無かったが、掻き分けながら進み巨大看板の下に到着。

 大手門へ続く道と思われるが、とても、とても、これ以上 登って行く道は見つからない。旧大手門の敷石など、出合うことは叶わなかった。


 下を見ると、里に降りて行く道が見える。「行けそうだ」



 往路を戻ることなく、なだらかに下って行く事ができた。最後の防獣ゲートを抜け上がると民家の横に飛び出し、駐車地に帰着は、12時10分。志賀城址の探訪は、1時間50分。


 改めて振り返ってみよう。 西の峠(虎口)まではよかったが、土塁を見て、曲輪跡らしき平坦地を辿って行った。が、そこは荒れ放題となっており、濃い笹ヤブの連続。 普段なら避ける「ぬた場」も、利用して登る結果となり、ようやく山頂に辿り着く事ができた。そこに、城主のソウシチョウ。可愛かった。


 最初、「楽勝だ!」と、言ったのは誰? 苦笑しながら、登山靴を脱いだ。 イノシシにも、人にも会うこともなかった、中世の山城跡・志賀城址でした。





 HOME