HOME

 豊後大野市三重町の古墳           
 2020 11 15 日(日)ほぼ快晴
  秋葉鬼塚古墳、重政古墳、竜ケ鼻古墳、大塚古墳


 豊後大野市の文化財史跡を検索していたら、三重町には県指定の古墳が6ケ所あることに気付いた。 位置やアクセスを考慮し、今回はそのうちの4ケ所を訪ねてみることにした。紅葉にも逢えるかもしれない。


 秋葉鬼塚古墳(大分県指定史跡)豊後大野市三重町

 国道326号線を行き、豊後大野市三重町の中心部を通り抜け、「市場一区」の交差点を左折すると、ほどなく大型パチンコ店が右側に見えてくる。その入口手前に「秋葉鬼塚古墳・500m ⇒ 」の案内板が置かれていた。

  
         
        パチンコ店・入口手前にある案内板              古墳の位置図(クリックで拡大)


 右折すると集落の里道となり、案内板に従いながら進んでいくと、また案内板があり、柿の木のある登山口(取付き点)に到着。 道路を挟んだ右側にも「秋葉鬼塚古墳・200m ⇒ 」の標識があり、民家に挟まれた細道を登り始める。


        
            柿の木のある登山口                  道路を挟んだ右側から入る


 ゆるやかな上り坂を経て、畑地を巻き上がって行くとY字路が現れ、標識に従って右上に進む。 やがて斜度は緩み、竹などが混じる杉の植林帯に変わってきた。倒木などもあり、かなり荒れ気味だが、左右に墓地が見える。
  

        
           Y字分岐は右上                     左右に墓地


 次第に踏み跡も弱くなってきたが「あっ、見えてきた!。」 道脇に5基の石塔群を拝んで、「秋葉鬼塚古墳」に到着。地形図に円形の等高線が描かれているが、後円部の盛り上がりだろう。三角点はない(等高線:170m)の小ピーク。10時35分。樹林帯に囲まれ展望は得られない。

 説明板の概要は “ 前方後円墳 全長:約45m 高さ:約3m 築造時期:4世紀~5世紀頃 前方部及び後円部ともに削平されているが、本来、全長は約50m程度の規模だった 円礫の葺石 ”などとなっている。


        
          秋葉鬼塚古墳に到着                 「秋葉鬼塚古墳」説明板



        
      前方部から後円部を望む(クリックで拡大)                最高点


 築造は4世紀~5世紀頃ということで、今からおよそ1600~1700年前のこと。時折り野鳥の鳴声も聞こえるが、郷の首長は、静かな森に眠っていました。 下山は往路を戻り、往復約30分の探検だった。



 重政古墳(大分県指定史跡)豊後大野市三重町


 三重中学校の一角にある古墳。三重町の中心部、ロータリーから中学校を目指してゆるやかな坂道を上って行くと、中学校の直前左側に「重政古墳」の案内板が現れた。



         
          「重政古墳」の案内板                  古墳の位置図(クリックで拡大)


 左折するとすぐに左側が開け、三重町中心部の絶景が現れた。思わず車を停めてみることになったが、市街地の背後、遠くは祖母・傾山や、くじゅう連山だ。なつかしい。 車を停めた前方には重政古墳の説明板も見えており、コンクリートの坂道を上り詰め、説明板のある三重中グラウンドの横に到着。数台分の駐車スペースがある。


        
         三重町市街地と「くじゅう連山」               前方に重政古墳の説明板



        
         グラウンドの横・古墳入口                 『重政古墳』説明板


 説明板の概要は “ 前方後円墳 全長:約52m 高さ:約4m 築造時期:5世紀初頭 前方部及び後円部ともに削平されているが、本来、全長は約54m程度の規模だった 円礫の葺石 壺形埴輪の破片が出土 ”などとなっている。

 樹林帯に覆われた森に入ると、すぐに後円部の盛り上がりが現れ、葺石に誘われるようにして一気に登り詰めた。そこには「金刀比羅」さまが祀られていた。


        
           後円部に登ると                  頂上に「金刀比羅」さま


    
        前方部の末端から後円部を望む
            (クリックで拡大)
 前方後円墳と云うことで、西側に延びた前方部の末端に到着し、振り向いた写真がこれ。


 5世紀の初頭、どなたが眠っているのか判らないが、1600年前は樹林もなく、重政の高台から三重郷の安寧を見守るように眠っていることでしょう。









 竜ケ鼻古墳(大分県指定史跡)豊後大野市三重町


 JR三重町駅横の踏切を過ぎ、大原グランド目指して坂道を上り始めると、すぐの右側に「竜ケ鼻古墳」の案内板が現れた。その案内板は「↑ 慰霊塔 0.5km 南西」となっており、さらに坂道を巻き上がり、大原台地の慰霊塔駐車場に到着。
 大原台地から南西方向、舌状に延びた地形を目指す。



         
          「竜ケ鼻古墳」案内板                  古墳の位置図(クリックで拡大)


 慰霊塔を左に見ながら、南西に進むと左下の展望が開け、三重町の中心部が俯瞰できるようになる。しかし、すぐまた樹林帯に入り、足元注意で下っていくと、ポンという感じで説明板が現れ、竜ケ鼻古墳の一角に到着。後円部の足元に位置している。


        
           慰霊塔をみて                      三重町市街地



        
            竜ケ鼻古墳(クリックで拡大)                「竜ケ鼻古墳」説明板


 説明板の概要は “ 前方後円墳 全長:約35m 高さ:約3m 築造時期:5世紀後半後円部頂上に盗掘跡と思われる穴 円筒埴輪が出土 ”などとなっている。

 後円部の頂上に上がると、これが盗掘跡?というように、直径1mほどの窪地があった。そのまま尾根筋を下っていくと前方部の末端に到着し、比較的新しい石塔が祀られていた。


        
        後円部の頂上から前方部を見る             前方部の末端から後円部を見る


 竜ケ鼻古墳で出逢った花たち

        
       赤色のアキチョウジ?           ヤブコウジ


 説明板の後半には “ また、南側崖下には6世紀以降の横穴古墳群もあり、この周辺は古墳時代の墓域であったとも考えられる。”などとなっていた。このあたりは、今でも三重町の中心部であり、およそ1500年の歴史を、変化しながら繋いでいる。そんな感じでした。



 大塚古墳(大分県指定史跡)豊後大野市三重町


 上小坂公民館裏の台地上にある前方後円墳と言うことで、三重町の中心部から国道326号線を北上し、赤嶺の峠付近から市道に分岐して、朝日ケ丘団地を通り抜ける。 抜けた直後の正面に「小坂大塚古墳」の案内板があり、左折して右上に進む。


         
         「小坂大塚古墳」の案内板                 古墳の位置図(クリックで拡大)


 約500m後、起点となる上小坂公民館に到着。 古墳は裏の台地上となっているが、それらしい道はなく、イメージを膨らませながら公民館を通り過ぎるようにして歩き始める。 すぐに神社前のT字路に上がり着いたが・・・右かな? 


        
            上小坂公民館                     神社前のT字路は右


 小尾根の末端を巻くように下っていくと、「あっ、あれだ!」 右側の樹林帯に「大塚古墳」の説明板が見えてきた。

 説明板の概要は “ 前方後円墳 全長:約43m 高さ:約3m 築造時期:4世紀頃 後円部に比べ前方部が特に低く小さい 墳丘上には葺石と思われる礫 後円部頂上には後世の石塔類が立っている ”などとなっていた。


        
           樹林帯に説明板                  説明板と大塚古墳の後円部


 ここにも葺石が多く残されており後円部に誘われる感じだが、頂上はあとで登る事にして、先ずは全容を見てみよう。脇の踏み跡を回り込み、前方部の末端に到着。振り向くと杉木立の先に後円部の頂上が望める。 古墳の稜線を登り返して、石塔類が散在する頂上に到着。


        
              説明板                     後円部の葺石(クリックで拡大)



        
         前方部の末端から見ると               後円部の頂上に後世の石塔類


 築造は4世紀頃と云うことで、今回訪れた四つの古墳では、いちばん古い古墳となり、およそ1700前のこと。 今は山間のひっそりとした里山という感じだが、往時は人の営みがあった郷だったことが窺える。眠っている人、今、何が見えますか? 



 これで、三重町にある県指定の古墳4か所を訪ねてきたが、まだ残りが2ヶ所、なんと数の多いこと。古墳時代、三重の郷はかなり栄えていたのではないだろうか。6ヶ所とも前方後円墳と云うことは、大和政権の影響が継承されており、人々の暮らしや文化も、それに準じていたのかもしれない。


 期待した「古墳と紅葉」の景色はなかったが、ドライブ途中で目にする紅葉や黄葉に秋の深まりを感じた、古墳めぐりでした。 あと2ヶ所残っているが、機会を見て、またいつか。




   HOME