HOME

 梅雨明け間近の
 
タデ原湿原と牧ノ戸峠              2019 7 23 日(火)晴たり曇ったり
  (くじゅう)大分県九重町



 もしかして梅雨明け? 朝日も差し込み、いつになく明るい朝を迎えた。 気象情報を見ると、台風5号が連れてきた大雨も上がり、天気図上から梅雨前線も消えている。 「スカ~ッとした高原の空気を吸いに行ってみよう」にわか雨の情報を耳にしながらも、いつものように“くじゅう長者原”に向かった。


 やがて長者原駐車場に到着。平日でもあり、やはり車は少なかった。「さて、どんな花に逢えるだろうか」先ずはビジターセンターへ。「こんにちは~」で、館内の展示物に目を通すと、やはりと云うように“夏の花”がいくつか紹介されていた。ノハナショウブやヒメユリ、ユウスゲなどが目につく位置に貼られている。「よっしゃ、行ってみよう」


        
          入口の橋を渡ってスタート                白水川の流れ (クリックで拡大)


 白水川に架かる橋を渡り始めると、右から滝音が聞こえてきた? いつもは、せせらぎ程度の流れと思われるが、さすが昨日までの大雨は、滝のような音を立てている。流れを覆う深緑も見事!


    
          ~ようこそタデ原湿原へ~


 橋を渡り切ると『~ようこそタデ原湿原へ~』の看板があり、注意事項等も添書きされていた。「行ってきま~す!」で、広~いタデ原湿原へ入っていく。











「わッ、ハンカイソウ!」早速という感じで、ハンカイソウたちに大歓迎されながら、木道を歩き始める。重い雲に見え隠れしているが三俣山や硫黄山、指山などが聳え、すばらしい景色が展開されている。

 広~い草原帯の中、整備された木道は訪れる人のワクワク感を誘っているようだ。「おっ、ノハナショウブも咲いている」 さらに、緋赤のヒメユリやパステルイエローのキスゲ(ユウスゲ)、白さが目立つミズチドリなど等、夏を彩るお花の宝庫となっている。



            
                     ハンカイソウと崩平山(クリックで拡大)


            
                   ノハナショウブと指山や硫黄山(クリックで拡大)


        
            木道を行き                        お花畑


 人の気配に振り向くと「わっ、すご~い。大きな団体さんだ!」。 「こんにちは~」別府市の老人会、150名様のウォーキンググループと云うことでした。


            
                   ハンカイソウと団体さん(クリックで拡大)


 いつものところでナツツバキを鑑賞すると、すぐ先で十字路となり登山道と出合う。雨ケ池や坊ケつるへ向かうコースだ。ここで右へ向きを変え、小周回コースを終わる。


 今回は、梅雨明け間近のタデ原湿原に入り、広大なくじゅうの山々を眺めながら、季節の花たちにも出逢う事ができた。何度も来ている湿原だが、新しい発見もあったりして、ドキドキ感も楽しいタデ原湿原でした。 車に戻って情報を確かめたが・・・、梅雨明け宣言は未だ? 



 牧ノ戸峠・展望台


「とにかく“スカッとしたところ”に行ってみよう」。で、牧ノ戸峠駐車場へ。平日なので、やはり、少ないようだ。車は10台ほどが停まっていた。

「お~、涼しい~」峠の道路温度計は19°の表示。長者原より標高差300mほど高い牧ノ戸峠(標高1330m)は、さすがに涼しい。いや、寒いぐらいでもある。と同時に、やはりと云うように雲が多く、展望は無理かもしれない。「ま、展望台ぐらいまで行ってみよう」“くじゅう登山口”を背に、北に向かう黒岩山コースを辿り始める。


        
          牧ノ戸峠駐車場                     黒岩山コースへ


 舗装された遊歩道に沿って、アセビは小豆粒ほどの種を付け、足元にはノギランやネバリノギランなどが並んでいた。 いつもの夏を感じながら登っていき、5分ほどで、東屋のある展望台に到着。

「おっ、いいぞ!」雲は多いものの、そこだけがスポットライトで照らされたようになっており、三俣山や星生山などが雄大に肩を並べていた。梅雨明け間近のくじゅう連山。「準備万端整いました、ようこそ夏山へ!」と誘っている姿でもある。


        
            遊歩道を登り                  東屋・牧ノ戸峠展望台


            
                展望台からの景色(三俣山・星生山)(クリックで拡大)


 そして、翌日の7月24日、大分を含む九州北部地方は梅雨明け宣言となった。それ以外でも九州南部、四国、近畿、北陸の各地方が梅雨明けとなったようです。


今日出逢った花たち

        
          ハンカイソウ          ノハナショウブ            ヒメユリ


        
         チダケサシ             キスゲ(ユウスゲ)           シモツケソウ


        
           カキラン           オカトランオ             クサレダマ


        
       オオユウガギク           オタカラコウ             ミズチドリ


        
        モウセンゴケ          アオタチカモメヅル         タチカモメヅル


      
         ナツツバキ             ヒメシャラ


かわいいお友達
      
     キスゲ(つぼみ)とアキアカネ   オカトラノオとウラギンヒョウモン


牧ノ戸峠にて
        
       ネバリノギラン             ノギラン             ヤマサギソウ




   HOME