夏木山1386m) 2002 4 13 日(土) 晴れ   
   (九州百名山:66,大分百山:92)祖母・傾山系 宇目町藤河内から

      登山口〜(夏木新道:60分)アケボノ平 〜(60分)夏木山
      〜(鋸尾根:150分)犬流れ越〜(40分)犬流れ新道入口〜(20分)登山口:行程 6 時間40


 夏木山はアケボノツツジで有名らしい。アケボノツツジとはどんな花だろうか、未だ見たことがない。
今年は暖冬傾向で、もう咲き始めている情報なので、夏木山に登る事にした。


 国道326で、宇目町の北川ダムを過ぎ、桑ノ原トンネルを抜け、宮崎県境から右に分岐し、藤河内渓谷
へ向かう。渓谷最奥部の駐車場やバンガローをやり過ごし、荒れた砂利道の林道をゆっくり進む。


 1夏木橋を過ぎ、第2夏木橋を渡たると、道の荒れ様がひどい。もう、このあたりに停めよう。運転だけ
でもくたびれる。



                    
                     夏木山とアケボノツツジ大ノコ手前から



 林道を歩いていると、後から来た四駆の車はその先まで入って行く。10分ほどで、掘り切りのようなと
ころに着き、数台の県外ナンバーが停まっていた。「夏木山新道入口」の標識があって、ここが登山口。
9時20分。



 いきなりの急坂から始まり、ペースがつかめないが、すぐに尾根に出て登りやすくなる。登山道ははっき
りしており、大きな赤松が点在し、アセビなどを含む自然林の尾根登り。 小ピークを越え、小さな板に
「檜見台」と書かれた場所。あとで知ったが、檜山が北側に見える場所らしい。



           
         夏木新道・登山口                ミツバツツジを見上げる



 アケボノツツジはまだかな。「これは違うのかな?〜」、紫がかったピンクのツツジが満開になって目
立つ。前後して登って来ている広島県のメンバーも「アケボノ・・って、これのこと〜?」本物を見てな
いので、ミツバツツジとの区別がついていない。


 高い枝にピンクの大きな花が見えてきた。「あれだ!」。こんな大きな木に咲いているとは、想像もして
いなかった。やがてアケボノ平に着き、それを実感する。このあたりに、たくさん咲いており、しばし感
動しながらの休憩。ここまで約1時間。



           
        アケボノ平のアケボノツツジ            尾根の登りはつづく



 このあたりから、大きく見上げるようなツガやブナが多くなり、木肌の美しいヒメシャラも目立ち、祖母
傾山系の深い原生林の様相を感じる。次第に岩も多くなり、船石と呼ばれる展望岩もある。


 ほどなく鞍部のような分岐点に着き、右に鋸尾根を分ける。左を取ってさらに15分ほど登って夏木山の
頂上。11時30分。頂上は割合に広く、登山者も三々五々くつろいでいる。このあたりのアケボノツツジ
は、まだつぼみが多く2〜3分咲き。 ゆっくりと春の陽だまりで昼食。このときは気がつかなかったが、
東西に千丈覗きの絶壁があるらしい。


             
                           夏木山の頂上



 さてと、鋸尾根コースに行ってみようか。12時10分。往路を10分ほど引き返し、先の分岐点から北
に向かう。気を引き締めて、最初の難関大ノコへの岩登り。岩に懸けられたハシゴを上り、足場を確保し
て左向きに移動する。さらにその先では、垂直に近い岩にしがみついて上って行き一つ目の難関はクリア。



 さらに、屏風岩、鹿ノ背とハシゴやロープの難関は次々に現れ緊張の連続。途中のミツバツツジやアケボ
ノツツジが気分を和らげてくれる。また、左右の展望もすばらしいが、何となく、それどこではない。途
中の写真も撮るのを忘れてしまった。



           
          大鋸にかかるハシゴ場          小鋸から降りるハシゴ場(もう1段下にも)



 手足の屈伸運動で身体をほぐし直して、中ノコ、折れノコと続き、最後は小ノコと呼ばれる岸壁の下り。
高度感があるので下を見ない方がいい。2段ハシゴを慎重に降りる。やれやれ、犬流れ越に着いた。14時
40分。鋸尾根コースの2時間半は緊張の連続だった。気が抜けたようになって、ここで、おやつ休憩。



 この縦走路は直進(北)すれば、檜山から新百姓山へと続いている。下山は、鋭角的に引き返すように右
下へと降りていく。自然林を淡々と降りて、犬流れ新道入口、つまり林道に出た。




 やり遂げた気分で、振り返りつつ林道を歩いて、元の登山口、さらに車のある第2夏木橋まで。
16時ちょっと前。おつかれさまの6時間40分。鋸尾根コースのスリル体験と初めて見たアケボノツツ
ジに大満足。

              へ戻る