彦岳639m  2002 4 14 日(日) 晴れ
   (大分百山:76)津久見市,佐伯市,上浦町,弥生町の二市,二町の境にある山 2回目
                それぞれからコースあり、津久見市彦ノ内コースで登った

                彦ノ内・登山口 〜(1時間30分)彦岳  往復 神事込みで、3 時間 50



  県南海岸に面して、ひときわ目立つ独特の山容を持つ彦岳。津久見市側の主催で、開山祭が行われると
いう事で、それに合わせて登った。


 津久見市の中心部から県道36で南に向かい、快適な道路に変わると、正面に彦岳のテッペンが見えて
くる。


             
                  彦岳(津久見から)  



 さらに上っていくと、彦岳トンネルの手前に、休憩エリアのある駐車場。鳥居があって、そこが登山口。

 駐車場には多くの車と関係者が居り、話を聞くと、集まって登るのではなく、各自で登るらしい。


 支度をして、登山開始。9時ちょっと過ぎ。鳥居の左手から、自然林に入って行く。前後に登山者もい
て和やかな雰囲気。ジグザグをちょいと登ると林道に出て、案内標にしたがって再び山道へ。すぐ尾根に
乗り、右(南)に向かう。 背の低い自然林の中、さわやかな春の風も気持ちいい。 ガイドブックに、
彦ノ内コースの詳細が載ってないので、予備知識が少ないが、人はいるし道も判りやすい。



           
              彦ノ内・登山口                 自然林を登る



 40分ぐらいの所から、次第に左(東)に向きを変えながら、緩急の尾根道を登って行く。1時間ぐら
いの所では、林道コースと合流。さらに、20分ぐらい登って、千怒コースと合流すると頂上は近い。
 明るい林の中の直線をひと喘ぎして、頂上エリアに着いた。10時30分。登山口からおよそ1時間半。
そこに、係りの人が居て「おつかれさま!」と、登頂証と記念のタオルを頂いた。



           
             もうすぐ頂上                 彦岳の頂上(神事の前)



 頂上は広く、その中央に杉木立と彦岳神社がある。 周辺には満開のボタン桜が点在し、南肩の一角に、
珍しいオキナグサが咲いている。ここには、踏み込まないようにロープで囲っている。 東方向の眺望が
良く、リアス式海岸の日豊海岸国定公園が眼下に広がる。すでに、多くの人が登って来ており、それぞれ
思い思いにくつろいでいる。



 11時から、安全祈願際が執り行われ、一通りの神事と最高齢者の表彰などがあって、最後はクロメ汁の
サービス。トロッとした舌触りと磯の香りを、山のテッペンで美味しく頂いた。

 関係者のみなさん、ありがとうございました。   
                                           オキナグサ

 往路を降りて、13時ちょっと前。神事などを含んで、3時間50分。  トップページへ