城ヶ岳1168m) 2002 9 15 日(日) 曇り・霧      
    (大分百山:25)由布岳の南に位置する雨乞三山でいちばん高い山

                     林道・登山口 〜(1時間)城ヶ岳〜(50分)登山口 :行程 2時間 20


 ガイドブック『大分百山』では、北側の倉木山鞍部から登る事になっているが、以前、倉木山からのコー
スが不明瞭だった記憶がある。 ガイドブックに庄内側からのことも、ちょっと触れているので、庄内町から
登ることにした。



                       
                       城ヶ岳(庄内町から)


 国道の庄内町外れで平石への標識に従って右折し、集落を通って山手の方に上る。新設の基幹林道に合流し、
左へと城ヶ岳の裾に回りつくと、登山口の標識があった。


 支度をして登山開始。10時ちょっと前。ヒノキとスギが植林された山で、特にガイド資料はないが、登
山道はよく整備されて歩き易い。でも、勾配はきつくコース変化もなく、ジグザグ道をひたすら登る。ピー
クに着き「前岳?」に到着。 そのあと、荒れた自然のままの山道に変わり、左手に『陰陽石』が見えてき
た。ブッシュで、う〜ん?
どう見れば・・なるほど。


              
            植林帯の登り                    陰陽石


 さらに、自然林を下り気味に行く。アケビ、栗などを期待したが、残念ながら何もない。鞍部を過ぎ、ま
た、しばらくの上り坂。頂上が近くなり、草原でヒゴタイが風にゆれていた。そして、城ケ岳の頂上。登り
始めてちょうど1時間。まわりは、霧が出てきて、視界は50
mぐらいか、遠望はまったくダメ。


                    
                城ケ岳の頂上                 ヒゴタイ


 ちょっと時間が早いけど、オニギリを食べ、11時30分下山開始し、12時20分には降りついた。
往復2時間20分。 大分百山だが、ごくフツ〜の山で、あまり印象に残らないだろうな〜。

        へ もどる