HOME

 
山口県北部の旅
 そのB      
2019 1 22 日(火)〜 24 日(木)


A日目・1/23(水)晴れ

 午前中は、萩市の笠山に登り、自然研究路伝いに笠山椿群生林や虎ケ埼灯台などを巡り、明神池までの周回コースを体験してきた。 この後・午後は萩市内に降り、松陰神社や城下町などを訪ねてみよう。

 萩市と言えば、古い歴史を持つ萩城(跡)や城下町、そして吉田松陰、高杉晋作など維新の原動力となった勤皇の志士たち などなど・・・


 道順の都合もあり、先ずは松陰神社から訪ねてみよう。



 松陰神社(山口県萩市)

 萩市のHPと同じようなパンフレット『ぶらり・はぎ散歩』は、ホテルのロビーにも置いてあった。

  
         訪問地・位置図(クリックで拡大)


 その中で、松陰神社エリアの概略は“世界遺産に登録された松下村塾をはじめ、初代総理大臣伊藤博文旧宅・別邸など、明治維新の原
動力となった萩の歴史を感じる事ができる、はまさに「明治維新胎動の地」です。”などとなっていた。 今回は、そのパンフレットを参考に辿ってみよう。


        
           松陰神社の鳥居                    傘型のおみくじ


 大きな石の鳥居をくぐると「ん?傘型のおみくじ?」色とりどりの小さな日傘が、満開の紅梅の枝にぶら下がっていた。かわいい〜 傘型の由来は、もしかして笠山? 珍しいおみくじといえば、去年訪れた天橋立の智恩寺で見た小さな『すえひろ扇子』のおみくじが思い出される。

 左の広場には『維新胎動之地』と刻まれた大きな石碑が建っていた。なるほど、そうですね。大きな亥年の絵馬に描かれているのは、松陰先生と高杉晋作さんだろう。


        
              維新胎動之地                    大きな亥年の絵馬


 中に入って歩き始めると、すぐの左に『松下村塾』。幕末期に吉田松陰が講義した私塾で、高杉晋作や伊藤博文など幕末維新に活躍した多くの逸材を育てた場所。「ん?」その一部で補修作業が行われていた。 続いて現れた『吉田松陰幽囚ノ旧宅』は、海外渡航に失敗し、数年の間幽囚・謹慎された家。



        
            松下村塾                    吉田松陰幽囚ノ旧宅


 最後は境内の最奥に、立派な お社の松陰神社が祀られていた。「維新は起こしませんが、学問ができますように・・・」お参りは厳粛に。




伊藤博文旧宅・別邸へ

 伊藤博文旧宅・別邸へは、境内から出て左に曲がり、標識に従いながら約5分。 左に、チラッと伊藤博文像を見ながら、国指定史跡『伊藤博文旧宅』に到着。
  
               松陰神社


 門をくぐると、右側に大きな『伊藤博文の略年譜』が掲げられており、幕末の幼少期から明治42年(69歳)ハルピンで暗殺されるまでが記されていた。初代内閣総理大臣は、明治15年(42歳)の時。


        
          伊藤博文旧宅入口                  伊藤博文旧宅(屋根は補修中)


 正面は、主体となる伊藤博文旧宅だが、屋根には防水シート?? 『見学されるお客様へ』の張り紙が出ており“・・・茅葺屋根は、雨漏り被害が発生したため、一時的に防水シートを設置し・・・”などとなっていた。敷地の左側広場には、伊藤博文像が建てられていた。

 伊藤博文旧宅の右隣は、『伊藤博文別邸』となっており、説明板の概略は“東京品川区に建てていたものを、平成13年、この地に移築した”などと記していた。


        
               伊藤博文像                     伊藤博文別邸


 ここ、伊藤博文別邸でUターンすることになるが、辿ってきた松陰神社境内や伊藤博文旧宅・別邸散策では、まさに「明治維新胎動の地」という雰囲気に満ちていた。 往路を戻り、松陰神社入口に到着は、13時30分。 疲労感も出てきたが、時間はまだまだゆとりがある。「城下町にも行ってみよう」。



 萩・城下町(山口県萩市)


 パンフレット『ぶらり・はぎ散歩』の萩城城下町エリアを参考にすればいい。その概略は“江戸時代につくられた古地図を使って現在でもまち歩きができるほど、往時の町筋がそのまま残っている。白壁となまこ塀や黒板塀の美しい町並みが続き、高杉晋作・木戸孝允ゆかりの地があります” などとなっている。楽しみだ。

 アクセスは『萩循環まーるバス』を利用すればいい。ここ『松陰神社前』は、東回りのバス停となっており、次の発車時刻は13時39分。


         
      萩循環まーるバス・東回り(松陰先生)           訪問地・散策図(クリックで拡大) 


 ちょっと小さめの『萩循環まーるバス』だが、萩市内を観光案内するように細道まで入り込み、ビューポイントでは車内アナウンスとビデオが流れる。どこまで乗っても大人100円と言うのもうれしい。 さて、どこで降りればいいのか迷うところだが、散策の拠点はこのあたりかな? で、市役所前で降りた。


 資料などに目を通し、先ずは明倫館(明倫学舎)を目指そう。そのままバスに乗っていても『明倫センター』まで入れたのだが、それはそれ。 国道を挟んだ向かい側の施設が『旧萩藩校明倫館』となっている。

 説明板では“明倫館は、5代藩主毛利吉元の代・享保4年(1719)、萩城三の丸に開校した。それから130年後の嘉永2年(1849)、この地・萩市江向に広大な新明倫館を完成して移った・・・”などとなっていた。 このころは、吉田松陰が松下村塾を開き明治維新の原動力となる逸材を育てた時期へと繋がっており、萩藩は早くから教育に熱心だったという下地が感じられる。


        
            明倫館(門)                   明倫館(明倫学舎)


城下町へ

 明倫館を出て国道沿いを歩いていくと、道路標識に、大きく『萩城下町⇒』と表記されていた。次の角を右折し中央公園を右に見ながら辿って行くと、「ここからだ!」と言うように、目線の高さに『世界遺産・萩城下町』と書いた略図付きの案内板が出ていた。

 ここからは世界遺産のエリアとなり、貴重なものが集まっている場所。ゆっくり辿ってみよう。


        
          世界遺産・萩城下町                    城下町へ


 標識などに従いながら進んでいくと、「おっ、お〜」高杉晋作像に出会った。凛々しい顔をし、両刀を差した羽織・袴の立ち姿だった。

 続いて、高杉晋作誕生地が現れ、その通りは白壁の並ぶ美しい城下町となっている。「この景色だ」 その一角には『日本の道100選』と書かれた石の標識が置かれていた。「なるほど、スゴイ、スゴイ」


        
           高杉晋作像                高杉晋作誕生地(左)と白壁の並ぶ城下町


 美しい白壁は続き、なまこ壁や黒板塀などもあり、見ごたえのある街並みです。その通りには、第26代内閣総理大臣 田中義一の生誕地の説明板も置かれていた。菊屋家住宅(藩の御用商人を務めていた豪商)の角を曲がると世界遺産のエリアは一旦抜ける。


        
           白壁の並ぶ城下町              なまこ壁や黒板塀なども(クリックで拡大)


 外堀を横切り、萩博物館前で『萩循環まーるバス』・西回りのバス(新作くん)に乗った。途中で東回りのバス(松陰先生)に乗り継ぎ、萩市内をぐるっと8の字を描くように乗車する事ができた。西回りと東回りの乗り継ぎでひとり200円とは、うれしい市内定期観光バス?でした。 そして、ホテル到着は17時ちょっと前。


 今日の午前中は笠山の頂上や自然研究路を一巡りし、午後は萩市内に降りて、松陰神社エリアと城下町エリアを散策。 今日、一日の歩行累計(GPS足跡)は、約7.2kmとなっていた。朝からよく動きました。

 その中で感じた事だが、街中でも夏みかんを植えている家が至る所に見られ、さすが萩は夏みかんの町。なるほど『夏みかんは、萩市の果樹』と言うことでした。お土産は、“夏みかんサブレ” がいいかな。 明日の3日目は、萩城(跡)を訪ねてみよう。



B日目・1/24(木)晴・曇

 萩城(跡)(山口県萩市)


 萩城跡の入口には『国指定史跡・萩城跡』の説明板が置かれており、その概略は“萩城は関ケ原の役後、毛利輝元が慶長9年〜13年(16041608)にかけて築城。萩市街地の西北、指月山の麓に位置しているため指月城とも呼ばれた。平城と山城を併せた平山城である。

 初代藩主・秀就から代を重ね、13代敬親のとき文久3年(1863)山口に移った。その後明治7年(1874)建物のすべてが解体された。この城は259年間、防長両国政治の中心であり、明治維新に大きな役割を果たした重要拠点でもあった。”などとなっていた。


         
        萩城址・天守閣跡(クリックで拡大)               散策図・再掲(クリックで拡大) 


 それでは、往時を偲びながら城跡に入ってみよう。 左に天守閣跡の石垣を見ながら、内堀に架かる幅広い橋を渡ると入場門の料金所があり、大人210円を払うと萩城関連のパンフレットを頂いた。「おっ、これはいい」城内の略図が載っており、うれしいことに効率的な順路も描かれていた。

 場内に入ると正面には本丸跡の広場が見えるが、散策手順では何度も目に入ってくる場所となっている。と言うことで、順路の最初は天守閣跡へ。


        
           萩城址・入口                   正面は本丸跡の広場


 左向きに曲がると『萩城天守閣』の説明板があり、解体前の天守閣の写真も添えられていた。説明文も一通り目を通すと、眼前には天守閣の石垣とそこに続く石段が見える。往時の殿様も歩かれたであろう石段を登り詰めると、基礎石の並ぶ天守閣跡に到着。背後は山城のある指月山。

「お〜、絶景かな、絶景かな!! 余は満足じゃ」ちょっとした殿様気分を味わえる。5層の天守閣に上がれば、なお一層と言うように足元には城下町も望めたことでしょう。とりあえずは、萩市を取り巻く山々と内堀や城内の様子で満足です。


        
        『萩城天守閣』の説明板                  天守閣の石垣と石段


        
      基礎石の並ぶ天守閣跡(背後は指月山)              内堀と城の入口


 本丸跡の中ほどには大きな石碑があり、説明板には『萩城址碑』となっていた。概略は“・・大正8年(1919)、公爵毛利元昭の建立・・・”から始まり、城跡入口の説明板と同様の内容だった。

 順路の2番目は、萩市指定文化財『花江茶亭』 説明板では“安政の始め(1854)ごろ13代藩主・毛利敬親が花江御殿内に造った茶室。茶事に託して、時勢を論じ国事を画策したといわれる・・・維新後・・・明治22年ごろ、この現在地に移築されたもの” 花江茶亭を取り巻くように、石や松などが配置され落ち着いた庭園風景となっていた。


        
             萩城址碑                       花江茶亭


 花江茶亭の裏を巻くようにして右に曲がると、風情のある太鼓橋が現れた。正しくは『万歳橋』のこと、資料等によると“嘉永2年(1849 )に建てられた藩校・明倫館にあったもの”また、その橋を覆うように生えている樹は『ミドリヨシノ』という、学術的にも珍しい桜だそうです。“がくが緑色であることからその名が付いた”見上げてみたが、まだ、硬いつボミだった。

 太鼓橋『万歳橋』は渡れないが、「志都岐山神社へは、左の橋を渡り下さい」となっており、回り込みながら石段を上がっていくと、厳かな『志都岐山神社』が祀られていた。祭神は、毛利元就、隆元、輝元、敬親、元徳の5柱、その他に、初代から12代までの萩藩主が祀られている。


        
             万歳橋                       志都岐山神社


 城内を散策しながら、つぼみの気配も弱い桜並木の下を抜けていくと、由緒ありそうなサザンカの木が現れ、その樹下に『東園御茶室跡』の小標識が出ていた。

 それ以上の説明はなかったが、その先を右に曲がると順路の4番・『東園跡』に到着。城内で最奥・東北端となる施設。説明板の概略は“萩城の二の丸内に造られた回遊式庭園で、池の側には御茶室もあった”などとあり、茶室とは、先ほどのサザンカの木の場所かな。


        
       サザンカの木・『東園御茶室跡』               東園跡(クリックで拡大) 


 城内から東に抜けると『展望台』があり、上がってみると海岸の高台だった。左の広がりは日本海、そして足元から右に続く砂浜は菊ケ浜だ。

 順路は入口に戻るように南向きとなり、5番目の『銃眼(鉄砲挟間)土塀』に到着。この土塀は復元ものだが、鉄砲を撃つための四角い穴(銃眼=鉄砲挟間)が見られる。パンフレットによると、大河ドラマ「花燃ゆ」のロケ地だった。とも記していた。


        
             展望台                    銃眼(鉄砲挟間)土塀


 順路の線は最後となり、内堀を右に見ながら城内の境界付近を辿って行く。その堀に沿って梅ノ木が植えてあり、紅梅や白梅は今が盛りの見ごろとなっていた。背後の黒松と指月山を借景にパチリ。

 二の丸東門跡を右に曲がると、スタートした正門前に到着した。10時ちょっとすぎ。ぐるっと散策は約1時間20分。


 往時を偲びながらの散策だったが、初代から100年、200年と時は経過し、幕末から明治維新へと、さまざまなドラマが残されている城跡。頭の整理もつかないままだが、江戸から遠く離れた、この地の歴史を垣間見たような印象です。


 正面の道路を辿って行くと城跡らしい石垣の開口部があり、『毛利輝元公像』と『…長藩指月城址』の石碑が建っていた。ここは『二の丸南門跡』 そして、広い駐車場に飛び出した。


        
              紅梅と指月山                         二の丸南門跡


旧厚狭毛利家萩屋敷長屋

 駐車場の反対側には、『旧厚狭毛利家萩屋敷長屋』があり、萩城跡の入場料金と共通で、ぜひ寄ってみてくださいとも奨められた施設。

 パンフレットの説明文では“厚狭毛利家は、毛利元就の五男元秋を始祖とする毛利家の一門。主として厚狭(小野田市)に知行地を持ち、ここに居館を構えていた。・・・屋敷内にあった主屋や庭園などは明治維新後に解体され、この長屋のみが残っている・・・その後、昭和42年、解体修理されたもの。”などとなっていた。

 内側に回ると、その大きさに驚きながらも、屋内には長屋の説明板や毛利家の家系図、さらに萩城(指月城)のことなど、これまでのおさらい?的な資料が展示されていた。


        
         旧厚狭毛利家萩屋敷長屋                  内側に回ると


城外を散策しして玉江駅へ

 萩城(城跡)や旧厚狭毛利家萩屋敷長屋を見終わったらすべてが終り、『萩循環まーるバス』で駅まで行く予定だったが、列車の時刻までかなりのゆとりがある。「天気もいい、駅まで歩こう!」

 県道に出て、中堀のような萩疎水橋本川の水を迂回させて水害を防止するために造られた運河)沿いの道を南下していく。

 橋本川に架かる常盤大橋(人道橋)を渡って、橋本川の河岸を行くようになると、地形図の通り、萩三角州(橋本川と阿武川に挟まれた三角州)の縁に沿って行く感じとなる。


        
           萩疎水沿いの道                 常盤大橋(人道橋)背後は指月山


 さらにもう少し。 山際のふもとに「あっ、あれだ!」赤い屋根の玉江駅に到着。


 午前中は、萩城(城跡)とその周辺が主体のスケジュールだったが、往時を偲び、複雑なタイムスリップに戸惑いながら散策してきました。



 次の下関行(乗継もあり厳密には長門市駅行)の列車は13時28分。今回は使わなかったが、あの萩駅でも無人駅。ここ玉江駅は、もちろん無人駅。

 
            玉江駅



 定刻になり、玉江駅を発車した列車は、山口県内の山陰本線をゆっくりと各駅停車の旅。車窓から見る景色で気づいたが、道路のガードレールは一般的な白以外にオレンジ色が多く使われていた。調べてみたら、『山口県の県花は夏みかんの花』であり、ガードレールの色は『夏みかんの色』と言うことでした。

 玉江駅から乗車した列車は、長門市駅、小串駅、下関駅、小倉駅などを乗り継ぎ、大分駅到着は18時02分。わずかな距離だったと思うが、途中4回の乗り換えは、「何番乗場?、あと何分?」と、頭と体力もフル稼働。 天気にも恵まれ、山口県北部の旅は、充実した2泊3日となりまた。



   HOME